The wikis are now using the new authentication system.
If you did not migrate your account yet, visit https://idp-portal-info.suse.com/

ディレクトリ構造の考え方

移動先: 案内, 検索
Merge.png このページまたはセクションは、ハードウエアの考え方#ハードディスクドライブ: パーティションテーブルとのマージ(統合)が提案されています!

ご自由に編集できますが、ノートの議論を踏まえ、早急にマージを終えてください。

Linux におけるディレクトリ構造

Linux におけるディレクトリ構造: Microsoft Windows と比べると、 Linux のディレクトリ構造は大きく異なります。 Linux では ルートディレクトリ (つまり /) からすべてのディレクトリ構造が始まるようになっていて、 Windows における ドライブ という考え方はありません。また、 Linux ではルートディレクトリ以下にファイルを配置する際、理論的には起動処理の重要度に応じて配置を行ないます。起動時、一般的にシステムはさまざまなパーティションやデバイスの存在に気づいていませんが、その代わりに、さまざまなハードディスクドライブやパーティションなどは Linux のディレクトリ構造に継ぎ目なく組み込む (マウントする) ことができます。このような仕組みにより、ディレクトリ構造はユーザにとって、完全に透過的な存在になっています。これは Unified Filesystem (統合型ファイルシステム) としても知られています。詳しい説明は、下記をお読みください: Filesystem Hierarchy Standard

openSUSE システムにおける Mircosoft Windows のパーティションについて

新たに Linux を使い始めた Microsoft Windows のユーザであれば、 Windows と Linux の両方をインストールしている環境 (デュアルブート) で Linux を 起動 してしまうと、 PC の C: や D: などのドライブにアクセスできなくなっていることに悩むものと思います。 openSUSE では、 C: や D: などのドライブは /windows/C/windows/D などのディレクトリに組み込まれて (マウントされて) いますので、こちらからアクセスすることができます (設定によっては、 Filesystem Hierarchy Standard の命名基準に従ってそれ以外のディレクトリに存在している場合もあります) 。

さらに詳しく