The wikis are now using the new authentication system.
If you did not migrate your account yet, visit https://idp-portal-info.suse.com/

Portal:Build Service/Topics

移動先: 案内, 検索
ファイル:Software-o-o.png
User Software portal
Icon-user.png

ユーザ向け

  • openSUSE の各リリースは、 openSUSE:Factory プロジェクト 内で構築されたものを使用しています。これには イメージの作成 処理も含まれます。
  • ユーザは、自分が使用しているディストリビューション向けの 最新ソフトウエアパッケージ を検索することができます。世界中にあるミラーサイトを通じて、誰にでも素早くアクセスできるようになっています。


Icon-package.png

パッケージャ向け

  • 他のパッケージとの依存関係を自動的に処理します。たとえば、あるパッケージが他のパッケージに依存している場合、依存先のパッケージに何らかの変更が発生すると、そのパッケージも自動的に再構築されます。
  • 他のプロジェクトとリンクすることもできます。他のプロジェクトが提供する最新のパッケージを利用して、修正をテストすることができます。
  • 様々なクライアント や外部サービス (SourceForge, kde-apps.org など) に対するインターフェイスも公開されていて、 Open Build Service がそれらの資源を利用できるようになっています。


Icon-community.png

ソフトウエアプロジェクト向け

  • 開発者に対しては、グループを作って 共同作業 を行なうにあたって、効率的な場所となっています。
ファイル:Obs Webclient.jpg
Developer Web Interface
  • さまざまな アーキテクチャLinux ディストリビューション (例: Fedora, Debian, Ubuntu など) 向けのパッケージを構築するのに、それらのハードウエアに対する "コンパイラファーム" を用意する必要はありません。
  • 製品 やイメージを自動的に作成する目的で、 KIWI との統合も用意されています。


Icon-internet.png

独立したソフトウエア会社向け

  • Open Build Service は GPL でライセンスされているソフトウエアで、最小構成で 2GB のメモリを搭載していれば、任意のマシンにインストールすることができます。
  • Open Build Service を独自の環境で動作させるにあたって、もっとも簡単なのは OBS アプライアンス を使用することです。アプライアンスはそのまま実行することもできますし、お使いのサーバにインストールするために使用することもできます。
  • 手作業によるインストールもできますが、少し複雑な作業が必要です。詳しく インストール手順 をご覧ください。

利用者

  • openSUSE プロジェクト以外では、 Moblin/Maemo/MeeGo, VideoLAN などのオープンソースプロジェクトが使用しているほか、 Dell, Cray, アメリカ合衆国郵便公社や様々な大学でも Open Build Service のインスタンスを稼働させています。詳しくは Open Build Service の利用者一覧 をご覧ください。