The wikis are now using the new authentication system.
If you did not migrate your account yet, visit https://idp-portal-info.suse.com/

openSUSE:Factory インストール

移動先: 案内, 検索


前書き

他のディストリビューションと同様、 openSUSE Factory はダウンロードしてイメージを書き込み、それを起動することでインストールすることができるほか、安定版からのアップグレードでインストールすることができます。

何もない状態からのインストール

まずは イメージをダウンロード し、それを DVD または USB メモリに書き込み、再起動後にインストールを起動してください。

アップグレードによるインストール

安定版から Factory へアップグレードする場合、大きく下記に示す 2 つの作業を行なう必要があります。

  1. Factory を指し示すようにリポジトリを変更する
  2. zypper dup を実行してすべてのパッケージをアップグレードする

リポジトリ

まずは既存のリポジトリを削除するところから始まります:

mkdir /etc/zypp/repos.d/old
mv /etc/zypp/repos.d/*.repo /etc/zypp/repos.d/old

リポジトリを削除したら、下記のようにして新しいリポジトリを追加します:

zypper ar -f -c http://download.opensuse.org/factory/repo/oss repo-oss
zypper ar -f -c http://download.opensuse.org/factory/repo/non-oss repo-non-oss
zypper ar -f -c http://download.opensuse.org/factory/repo/debug repo-debug

必要であれば、ソースパッケージのリポジトリも追加します。ただし、ソースコードは OBS からも参照できますので、不要かもしれません:

zypper ar -f -d -c http://download.opensuse.org/factory/repo/src-oss repo-src-oss
zypper ar -f -d -c http://download.opensuse.org/factory/repo/src-non-oss repo-src-non-oss

リポジトリの追加が完了すると、下記のような一覧になるはずです:

# zypper lr -u
 # | Alias             | Name              | Enabled | Refresh | URI
 --+-------------------+-------------------+---------+---------+--------------------------------------------------------
 1 | repo-debug        | repo-debug        | Yes     | Yes     | http://download.opensuse.org/factory/repo/debug
 2 | repo-non-oss      | repo-non-oss      | Yes     | Yes     | http://download.opensuse.org/factory/repo/non-oss
 3 | repo-oss          | repo-oss          | Yes     | Yes     | http://download.opensuse.org/factory/repo/oss
 4 | repo-src-non-oss  | repo-src-non-oss  | No      | Yes     | http://download.opensuse.org/factory/repo/src-non-oss
 5 | repo-src-oss      | repo-src-oss      | No      | Yes     | http://download.opensuse.org/factory/repo/src-oss

アップグレードの実行

リポジトリの設定が完了したら、あとは zypper dup を実行してアップグレードを実施します。

zypper dup

なお、 zypper dup が kill されてしまう (たとえば X Window System がダウンしてしまう) ような事態を避けるため、このコマンドは screen セッション内で実行するとよいでしょう。

あとはコーヒーなどを飲みながらお待ちください。作業が完了すると、開発ターゲットで楽しむことができるようになります。

なお、 Factory の開発について最新の情報を得るため、 メーリングリスト を忘れずに購読してください。

より刺激的な選択

Factory は自動化された QA (品質保証システム) の動作完了後に提供されているものであるため、安定板との違いがあまり認識できないかもしれません。このような場合は、 Factory-totest と呼ばれる、全く何もテストされていないテスト前バージョンのリポジトリをお使いください。 Factory-totest を利用するには、 URL に 'http://download.opensuse.org/factory' ではなく 'http://download.opensuse.org/factory-totest' を設定して zypper dup してください。

なお、臆病な方にはお勧めできません!

関連項目