The wikis are now using the new authentication system.
If you did not migrate your account yet, visit https://idp-portal-info.suse.com/

YaST/開発/ビルド

< YaST‎ | 開発YaST/Development/Buildから転送)
移動先: 案内, 検索
User-trash.png このページは削除すべき記事として検討されています! 事由: svnからgitに移行したことにより、対応する英語版も削除されているため。。
ノートで結論が出るまで、空白にしたり、他のページとマージ(合併)したり、ページを移動させたり、あるいはこの警告を削除しないでください。
詳細はopenSUSE の削除ポリシーを参照してください。


環境構築

この記事は、行う必要のあるステップです。YaSTを自力で構築するための環境構築のセットアップについて記述します。

必要なソフトウェア

YaSTを構築するために、いくつかの開発パッケージをインストールする必要があります。インストールには、現在のYaSTを使用しても良いです。
ソフトウェア管理パターンフィルタを利用し、Base Development, RPM ビルド開発, C/C++ 開発 , YaST 開発 のパターンを選択します。

SVN チェックアウト

今、YaSTソース・コードのローカルコピーを取ることができます。それらは、SVN リポジトリに保持されます。
端末にて、作業領域への移動とSVNからのチェックアウトを行ってください。
以下に例があります。

cd ~/work mkdir yast-svn cd yast-svn svn co http://svn.opensuse.org/svn/yast/trunk/ cd trunk


今、あなたはYaSTを構築するために必要とするソース・コードをすべて持っています。
この例では、trunk を使いました - 主な開発は、ここで行います。いくつか同様にあるので、branchesを見てください。

Devtools

あなたが開発パッケージをインストールした時、さらに、yast2-devtoolsと呼ばれるパッケージはインストールされました。
それは、ソース・コードをコンパイルして、手助けとなるツールおよびスクリプトを含んでいます。
現在のYaST (openSUSE 10.2では単に http://svn.opensuse.org/svn/yast/branches/SuSE-Linux-10_2-Branch branch で作業をするだけです。)から何も変更する必要がありません。
しかし、あなたがYaSTのより新しいバージョンをコンパイルしたいならば、自力で最新yast2-devtoolsをコンパイルすることは非常に望ましいです。

それを行うためには、次の例を参考にしてください:

cd ~/work/yast-svn cd devtools make -f Makefile.cvs make make install

今、あなたは newes devtools をインストールし、準備が完了しました。

ビルド

さあ、YaSTを構築する時がきました。そのコアパッケージおよびモジュールを別々にあるいはすべて同時に構築することができます。もし、あなたが何か変更するつもりの場合 1つのパッケージを構築を参考にしてください。

y2makeall

yast2-devtoolsパッケージで、まさにその名前の通り正しく動作するスクリプトをインストールしました:y2makeall。 このスクリプトは、どんな命令で構築するか動的にYaSTパッケージをすべて見つけ出し、構築するでしょう スクリプトを実行します:

cd ~/work/yast-svn y2tool y2makeall

今、あなたに必要なのはただ待つことです。 (あるいは、速いコンピュータを購入してください :) )

1つのパッケージのビルド

もし、1つのYaSTパッケージを変更 (もしくは 新規 作成) する場合、yast2-devtoolsをコンパイルしたのと同じステップを使用して、構築しても良いです:

cd ~/work/yast-svn make -f Makefile.cvs

続いて

make make install

すぐにそれをコンパイルしインストールします

make -i package

./package の下に作成、tarballを作成。build コマンドを使用して、持っているあらゆるハードウェアに対応させることができます。


pot ファイル作成

あなたが翻訳者として働いているか、新しいローカライズを作成したければ、generalte pot ファイルを必要とします。pot を作成するには以下を実行します。

y2makeall pot

すべてのパッケージ内で pot ファイルは作成されるでしょう。


prefix の構築

YaST 構築の prefix とその他のビルドTipsは YaST Build special で探してください。


関連サイト

SVN checkout を行う必要があります。
build libzypp を見ておいた方が良いです。