Home Wiki > Portal:メンテナンス
Sign up | Login

Portal:メンテナンス

tagline: 提供: openSUSE

メンテナンス ポータルにようこそ edit

Maintenance.png

リリース済みの製品に対しては、ある程度の安定性が期待されます。その一方で、バグやセキュリティの問題が存在することによってパッケージの更新版を公開する必要も発生します。動作中のシステムに対する安定性のリスクを軽減するため、更新は一定のルールに従い、何らかの方法によって調整しながら公開する必要があります。

そのため、コミュニティメンバー内で openSUSE メンテナンスチーム を結成し、 openSUSE 更新ポリシー を策定しました。

メンテナンスプロセス edit

  • すべての更新は、必ず https://bugzilla.opensuse.org/ で報告されたバグ報告を根拠とするものでなければなりません。
  • 修正を公開するように発議したい場合は、状態フラグ NEEDINFO maintenance@opensuse.org を設定しなければなりません。
  • openSUSE 更新ポリシー に従ってメンテナンスチームが実施したレビューで、問題がなかった場合は、コメントを記入して NEEDINFO を外すものとします。
  • その後、 パッケージ作成者が修正済みのパッケージを送信します
  • 送信されたパッケージは、テスト用のリポジトリ (update-test) 内に送られます。
  • update-test リポジトリ内でテスターがテストを実施し問題がなければ、パッケージは特定の openSUSE バージョンに対する公式のメイン更新リポジトリ内に公開されるようになります。
セキュリティ更新に対する注意事項

セキュリティ上の問題に対するバグ報告は、 maintenance@opensuse.org ではなく security-team@suse.de が管理しています。また、セキュリティ上の問題に対するバグ報告は、バグのタイトルの冒頭に 'VUL-0' や 'VUL-1' のようなキーワードを付けるルールになっています。それ以外の処理については、通常のバグ報告と同じです。


延期中またはリリース済みの更新 edit

こちらは、現在作業中の更新に対して、現状を表示するための Build Service Web インターフェイスのページです。

インシデント概要のページ