The wikis are now using the new authentication system.
If you did not migrate your account yet, visit https://idp-portal-info.suse.com/

パッケージリポジトリ

Package Repositoriesから転送)
移動先: 案内, 検索


これらは openSUSE の公式リポジトリです。十分にテストが行なわれているほか、セキュリティにまつわる修正やバグ修正も行なわれます。オンラインのリポジトリは、十分な帯域のインターネット接続が用意できる場合は、便利な選択肢です。これらのリポジトリの追加方法について、詳しくは SDB:パッケージリポジトリの追加 をお読みください。

ディスクベースの公式リポジトリ

openSUSE で最初に使用するリポジトリといえば、 DVD ではないでしょうか。それぞれ異なる内容の DVD が複数提供されていますが、ボックス版として販売されている 2 層 DVD を利用したとしても、 openSUSE で提供されているパッケージは網羅できません。そのため、可能な限りオンラインのリポジトリをお使いになることをお勧めします。

  • ダウンロード版 DVD は 1 層 (シングルレイヤ) の 4.7GB DVD です。最も重要なパッケージのみを収録していますが、 openSUSE 全体から見れば非常に狭い範囲のパッケージしか収録されていません。
  • ボックス版 DVD は 2 層 (ダブルレイヤ) の DVD で、販売業者から有償で購入できるほか、インストールサポートも付属しています。この 2 層 DVD であっても、すべての openSUSE パッケージは網羅できていません。

オンラインリポジトリの使用

  • YaST では オンライン (インターネット) のリポジトリとディスクベースのリポジトリ (DVD またはハードディスクドライブ) は区別せずに扱われるため、あたかも巨大なドライブからパッケージをインストールするかのように扱うことができます。
  • お使いのコンピュータをブロードバンドの接続環境に接続したままにできる場合は、 OSS DVD の "リポジトリ" を削除して、下記に示すオンラインの公式リポジトリからインストールすることもできます。
  • また、十分なディスク容量をお持ちであれば、特定の時点でのリポジトリのコンテンツ (スナップショット) をダウンロードして利用することもできます。この場合は、 20GB 以上の巨大な容量を必要とすることに注意してください。

公式リポジトリ

公式に提供されるリポジトリで,openSUSE コミュニティによってサポートされます。

Note:リポジトリとそのアプリケーションをインストール後に追加するのが二度手間とお考えなら、インストール(アップデート)の最中にリポジトリを追加することもできます。問題が起こらないよう、どのレポジトリが既にあなたのシステムに追加されているかを確認してください。

OSS

メイン・パッケージのリポジトリ。オープン・ソース・ソフトのみが含まれています。

Non-OSS

Opera, Steamといった、非フリーなソフトウェアが含まれるリポジトリ。

Update

OSSパッケージの公式なセキュリティおよびバグフィックスのアップデートが含まれるリポジトリ。

Update Non-OSS

non-OSSパッケージの公式なセキュリティおよびバグフィックスのアップデートが含まれるリポジトリ。

Src-OSS

OSSパッケージのソースRPMを提供するリポジトリ。上級ユーザ向けです。

Src-Non-OSS

non-OSSパッケージのソースRPMを提供するリポジトリ。上級ユーザ向けです。

Debug

デバッグ情報 (Debug info) パッケージを提供するリポジトリ。上級ユーザ向けです。



準公式リポジトリ

これらのリポジトリについて、openSUSEは公式にはサポートしていませんが、有用なパッケージが含まれていますので、自己責任で利用してください。

Contrib

現在、Contrib リポジトリは 使われていません

KDE

KDE リポジトリ をご覧下さい。

GNOME

GNOME リポジトリ をご覧下さい。

LXDE

LXDE リポジトリ をご覧下さい。

Xfce

Xfce リポジトリ をご覧下さい。

フォント

OwnCloud

  • OwnCloud サーバ:
  • OwnCloud デスクトップクライアント:

Factory とプロジェクトのリポジトリ

openSUSE のパッケージで何らかのバグに遭遇した場合で、問題が解決されるまで待てない場合は、まず最新版でバグが発生するかどうかを確認するのがよいでしょう。これはバグがきちんと解決されたのか、もしくは何らかの理由で発生しなくなってしまったのかを確認する手段でもあります。このようなテストを行ないたい場合は、プロジェクトの開発者が提供する "最新版" をお試しください。最新版は ソフトウエアポータル から検索して、最もバージョン番号の大きい版をダウンロードし、インストールすることで利用することができます。

Process-stop.png
警告!
最新版のパッケージはサポート対象外であり、データを壊してしまうなど、新しいバグに遭遇する可能性もあります。ご利用にあたってはよくご注意のうえ、きちんとバックアップを取ってください。



関連項目


外部リンク