The wikis are now using the new authentication system.
If you did not migrate your account yet, visit https://idp-portal-info.suse.com/

SDB:KDE リポジトリ

KDE リポジトリから転送)
移動先: 案内, 検索


このページには、 KDE ソフトウエアが提供されているリポジトリの一覧とその説明、そしてリンクが書かれています。これらのうちの多くは openSUSE KDE コミュニティチームが管理し、サポートしています。
Process-stop.png
警告!
安定版と不安定版を混在させて使用してはなりません。コミュニティチームのサポート対象から外れるばかりか、お使いのシステムを不安定にしてしまいかねません。


Process-stop.png
警告!
KDE:Current リポジトリは現在 KDE アプリケーションの 14.12.3 を提供していますが、こちらはこれ以降更新されないことにご注意ください。


背景となる情報

リポジトリを設定するにあたっては、まず 3 種類のパッケージグループがあることを知っておく必要があります。

  • KDE のフレームワークと Plasma パッケージのグループ。このグループにはフレームワークライブラリのほか、 Plasma のワークスペースが含まれています。
  • KDE のアプリケーションパッケージのグループ。このグループには Dolphin, Kdenlive, KTP, Konqueror など、さまざまな KDE アプリケーションリリースが含まれています。
  • KDE のソフトウエアリリースとは独立して開発されている KDE/Qt ベースのアプリケーションのグループ。このグループには Amarok, Konversation, Quassel など、 KDE や Qt ライブラリをベースにしたアプリケーションが含まれています。

メンテナンス更新

openSUSE 12.3 以降のバージョンにおいて openSUSE KDE コミュニティチームは、ディストリビューションに同梱されている KDE パッケージを更新するにあたって、マイナーバージョンの更新で対応するようメンテナンス手順を改めました。これにより、それぞれの KDE リリースに含まれる最新のバグ修正が適用されることになります。それぞれのディストリビューションのバージョンに対して利用できる KDE のバージョンは下記のとおりです:

openSUSE 13.1: インストール直後は KDE SC 4.11.2 ですが、メンテナンス更新で KDE SC 4.11.5 まで更新されます。

openSUSE 13.2: インストール直後は KDE SC 4.14.2 ですが、メンテナンス更新で KDE SC 4.14.4 まで更新されます。

openSUSE Leap 42.1: インストール直後は Plasma 5.4.2, アプリケーション 15.08 (いくつか例外があります), KDE フレームワーク 5.15 です。

スタックまわりに互換性が維持されている限り、メンテナンスチャンネルを通して更新を提供する予定です。

利用可能なリポジトリ

上記に記述してあるとおり、 openSUSE ユーザ向けに下記のリポジトリが公開されています。

ユーザ向け

  • 更新済みの KDE フレームワーク 5 と Plasma リリース
    KDE コミュニティが公開している新しいバージョンのフレームワークライブラリと Plasma デスクトップが提供されています。これらは少なくとも最新の openSUSE リリースのほか、 Tumbleweed に対してパッケージが作成されます。バージョン間の依存関係にもよりますが、これらの更新はサポート期間内の古い openSUSE バージョンに対しても提供されます。
  • 更新済みの KDE アプリケーションリリース
    KDE コミュニティが公開している新しいバージョンの KDE アプリケーションが提供されています。パッケージによっては openSUSE 固有の修正が加えられているものもあります。これらは少なくとも最新の openSUSE リリースのほか、 Tumbleweed に対してパッケージが作成されます。バージョン間の依存関係にもよりますが、これらの更新はサポート期間内の古い openSUSE バージョンに対しても提供されます。
  • KDE 追加パッケージ
    KDE/Qt ベースではあるものの、フレームワークや Plasma, アプリケーションリリースからは独立した個別の新しいバージョンのアプリケーションが提供されています。これらはリリース済みのディストリビューション (つまり、複数のバージョン) 向けに構築されパッケージ化されています。このリポジトリは openSUSE コミュニティ内の多数の方々によりサポートされています!!

貢献者向け

  • KDE 不安定版リポジトリ
    上述のパッケージやリリースのうち、アルファ版やベータ版, SCM スナップショットなどが提供されています。これらは、より新しいパッケージへの依存関係が存在しうるため、最新の openSUSE リリースと Tumbleweed に向けてのみ構築されています。

やりたいこととリポジトリの対応表

openSUSE 13.1 または SLE 12 で最新の KDE DC 4 リリースを使用したい場合

最新の KDE アプリケーションリリースを使用したい場合

最新の KDE フレームワークや Plasma 5 リリースを使用したい場合

次世代の KDE ソフトウエアの開発やテストを支援したい場合

新しい Qt スナップショットを試したい場合

最新の KDE 3 パッケージを使用したい場合


最新の KDE SC4 リリース

Plasma 4 と KDE アプリケーション 4.12.3 の最新リリースです。 KDE ソフトウエアコンピレーションのバージョン 4 をお使いになりたい場合は、このリポジトリをお使いください。

4.14 は KDE SC 4 の最新メジャーリリースであることから、 openSUSE 13.2 に対してもメンテナンス更新として提供します。メンテナンス更新で同じバージョンを提供していることから、 openSUSE 13.2 に対しては KDE:Current のビルドは実施していません。

Process-stop.png
警告!
KDE アプリケーション 14.12.3 への更新を行なうと、新しいリリースは KDE フレームワークベースのアプリケーションに移行しているため、 KDE:Current のリポジトリからは新しい更新を受け取らなくなります。


Process-stop.png
警告!
KDE:Current を使用する場合は、 アプリケーションのみの更新 に示されているリポジトリはすべて削除してください。


バージョン: SLE12


KDE アプリケーションのみの更新

ディストリビューションに同梱されている公式サポートされているテスト済み KDE 中枢パッケージを使用したい場合は、下記に示すアプリケーションのみのリポジトリをお使いになることをお勧めします。 Factory や Tumbleweed のユーザにとっては、新しいリリースが利用できるようになったら、すぐに使い始めることができる環境が標準のリポジトリ内にすでに用意されているため、不要なものではあります (ただしどうしても必要であれば、使うことはできます) 。また、このリポジトリは openSUSE:Factory に対する開発用プロジェクトとしても機能しています。

Process-stop.png
警告!
これらのパッケージのほとんどは KDE フレームワーク 5 ベースであるため、追加のライブラリをインストールするよう求められることになります。また、新しい KF5 ベースのアプリケーションは、 4.x 版のアプリケーションを 上書き することにもご注意ください。


バージョン: 13.1

KDE フレームワーク 5 と Plasma 5

KDE フレームワーク 5 や Plasma 5 を使用する場合、 GDM は使用しないでください。

KDE フレームワーク 5 と Plasma 5 のリリース版です。 openSUSE 13.2 以降では、 KDE フレームワーク 5 (KF5) ライブラリと Plasma 5 のコンポーネントが標準のディストリビューションリポジトリ内に用意されています。 細心のリリースを試したい場合や使ってみたい場合は、このリポジトリをお使いください。 Factory や Tumbleweed のユーザにとっては、新しいリリースが利用できるようになったら、すぐに使い始めることができる環境が標準のリポジトリ内にすでに用意されているため、不要なものではあります (ただしどうしても必要であれば、使うことはできます) 。

openSUSE 13.2 ユーザ向け注意: KF5 パッケージは KDE SC 4 や Qt 4 と共存させてインストールすることができますが、 Plasma 5 パッケージは、多くの場合 共存できず 、 KDE4 のパッケージを削除するよう求められることにご注意ください。具体的には、 Plasma Workspace 4.x と Plasma 5 は共存できません。また、このリポジトリは openSUSE:Factory に対する開発用プロジェクトとしても機能しています。

ディスプレイマネージャに Plasma 5 セッションを追加したい場合は、 plasma5-session パッケージをインストールしてください。また、 Plasma 5 を試す前に、下記の既知の問題点 (英語) についてもお読みください: https://community.kde.org/Plasma/5.4_Errata

バージョン: Tumbleweed

バージョン: Leap 42.1


不安定版フレームワーク, Plasma, アプリケーション

これらのリポジトリには。 KDE フレームワーク 5 と Plasma 5 、および KF5 ベースのアプリケーションを trunk ブランチから取得して構築したものが含まれています。要件と依存関係の都合により、最新の openSUSE リリースと Tumbleweed/Factory 向けにのみ提供されています。

開発のペースが速いことから、これらのリポジトリは本番環境のシステムには お勧めしません 。これらは主に開発者や早期テスター向けのものです。

Process-stop.png
警告!
これらのリポジトリは、自己責任にてお使いください。また、ここで提供されているパッケージでバグを発見した場合は、 openSUSE に対してバグを報告せず、提供元である KDE に対してバグを報告してください。
Process-stop.png
警告!
すべての KF5 アプリケーションがバグ報告に対応しているというわけではありません。これらのリポジトリを使用した場合や、 KDE に対してバグ報告を実施したい場合は、必ず提供元である KDE プロジェクトにお問い合わせください。


Process-stop.png
警告!
依存関係の問題を防ぐため、 4 種類のリポジトリを同時に追加してください。



Qt

Process-stop.png
警告!
上述の KDE リポジトリをお使いの場合、これらを追加する必要はありません。リポジトリ側に適切な Qt パッケージが含まれています。


Qt 4 リリース

現時点で最も安定し、かつそれなりに最新のバージョンである Qt 4.x.x が提供されています。通常は不要です。

Qt 5 リリース

最新の Qt5 リリース (現時点で 5.5.1) です。

Qt 5.4 開発版スナップショット

開発者のみが使用すべきリポジトリです。これらのスナップショットは Qt git リポジトリの dev ブランチ (ただしそれなりに動作するもの) から作成されているものです:


Qt 5.5 開発版スナップショット

開発者のみが使用すべきリポジトリです。これらのスナップショットは Qt git リポジトリの dev ブランチ (ただしそれなりに動作するもの) から作成されているものです:


参考