The wikis are now using the new authentication system.
If you did not migrate your account yet, visit https://idp-portal-info.suse.com/

Archive:Product highlights 11.3

移動先: 案内, 検索


openSUSE 11.3 のリリースは2010年7月15日に予定されています。今なら,開発版を通して開発あるいはテストに貢献することができます!

Top Features

長い時間を経て,ついに登場します!バージョンの番号に騙されないで!openSUSE 11.3 では 1,000 以上のオープンソース・デスクトップ・アプリケーションに新機能と改良が施されています。さらに openSUSE はサーバー・ソフトウェアを完全なスイートで提供し,オープンソースの開発ツールを豊富に取りそろえています。 また,前バージョン同様,販売版を店頭やネット上で提供しています。


Netbook をサポート

ユーザーは USB メモリを利用することで,ネットブックにインストールすることがいっそう簡単になります。新しいグラフィカル・ツールであるimagewriterCD image を起動して,何回かクリックするだけで ライブ版 USB イメージを作ることが可能です。

GNOMEKDE など主要なデスクトップ環境では,ネットブック環境 ― 小さな解像度のディスプレイ下 ― で,立派な働きを見せます。KDE には,特別な Plasma Netbook エディションがあり,(「システム設定」→「デスクトップ」→「ワークスペース」にある)項目を設定することで,この機能を有効にすることができます。

新しいファイルシステム Btrfs をサポート

Btrfs は Linux ファイルシステムの次世代の標準となるべく開発中です。 openSUSE はこの Btrfs を利用できる最初のディストリビュートになります。ユーザーはインストーラから Btrfs を選択することができます。

インストーラは Btrfs が実験段階(experimental)であると警告を出します。保守性を重視するシステムでは慎重に利用してください。 また,/bootパテーションを分けて(別のファイルシステムで)セットアップすることを忘れないでください。現在は Btrfs のパテーションからブートローダを起動することができません。

Package management with zypper

Zypper は openSUSE のコマンドライン版パッケージマネージャです。11.3 では再び脚光を浴びることでしょう。新しい zypper は

  • 不要なパッケージを通知します
  • パッケージの依存関係解決能力が改良されました:もし,あるパッケージが削除された場合,-clean-depsオプションを用いることで関係する依存関係のパッケージを簡単に削除することができます。
  • openSUSE 11.3 で,ユーザにアップデート時のベンダー(提供者)の変更を通知します。

Lightweight X11 Desktop Environment (LXDE)

Andrea Florio の外部からの応援に感謝します。openSUSE 11.3はLXDEとともに船出します。“Lightweight X11 Desktop Environment” は openSUSE の新しいデスクトップ環境の選択肢となりました。これで非常に高速なパフォーマンスと省エネデスクトップ環境を利用できます。 美しいインターフェイスを備え,多言語サポート,標準的なショートカット・キー,そしてタブ・ファイル・ブラウジングなど追加機能が充実しています。 LXDE は 他のデスクトップ環境よりも,低スペックの CPU とメモリで利用できます。なぜなら低スペックなハードウェアに特化して開発・デザインされたためです。


基幹ソフトウェア・ハイライト

  • Linux 2.6.34
  • Alsa 1.0.23
  • GCC 4.5
  • KDE SC 4.4.3
  • GNOME 2.30.1
  • Xfce 4.6.1
  • OpenOffice.org 3.2.1
  • Mozilla Firefox 3.6.4
  • Rosegarden 10.04

openSUSE 特有の変更点

基本システム

  • Kernel Mode Setting (KMS): 標準で ATI, Intel そして Nvidia が有効
  • Nouveau が標準の Nvidia ドライバ
  • Grub2 を収録(ただし,標準では採用されない)
  • Zypper で,ベンダーが用意したアップデート利用可能情報を通知
  • LXDE を DVD に収録
  • Upstart を init システムのオプションとして収録
  • Zypper と YaST で依存関係のパッケージが不要になったとき,自動的に削除

KDE デスクトップ

GNOME デスクトップ

Transmission で DHT が利用可能

  • Coming soon...

アプリケーション

  • SpiderOak クライアント (Non-oss リポジトリ)

Netbook

  • imagewriter の改良(Live USB 用 GUI など)
  • 低スペック向けに最適化した Plasma netbook shell を KDE 4.4 に追加


サーバ

  • MariaDB を収録
  • MySQL Cluster を収録

さらに・・・

完全な 11.3 の機能については openFATE を参照してください。