The wikis are now using the new authentication system.
If you did not migrate your account yet, visit https://idp-portal-info.suse.com/

openSUSE:リリースアナウンス 15

移動先: 案内, 検索

EN, CA, DE, ES, JA, PT-BR, ZH, ZH-TW

エンタープライズレベルのコードを基礎にし、数え切れないほどのテストを実施した openSUSE Leap 15 のリリース

SUSE Linux Enterprise 15 上に構築した新しいコミュニティビルドにより、多数の最新ソフトウエアと SLE への簡易な移行、そしてトランザクション型の更新やサーバの役割設定等により、スケーラブルなクラウドから Linux ラップトップまで幅広く対応

新しいメジャーリリースである openSUSE Leap 15 は、プロフェッショナルユーザや起業家、 ISV (独立系ソフトウエアベンダー) に対して、新しくフレッシュ、かつ強固なコードベースを提供し、新しいハードウエアに対応しながらも安定した、コミュニティとエンタープライズの両方に基礎をおいたオープンソースの GNU/Linux ディストリビューションを提供します。セキュリティの考慮やテストの実施も十分に行なわれ、 SUSE と openSUSE の独特で開かれたオープンソースビルドシステムを利用して提供しています。

新機能

openSUSE Leap 15 は SLE への移行にも対応しているほか、新しいパーティション設定機能やグループウエア Kopano の統合、 firewalld への移行などが行なわれています。このほか、 Linode 社によるイメージ配布 (クラウド/インフラストラクチャ設定) や Tuxedo 社のハイエンドラップトップへのプレインストール提供 (他のクラウド/ハードウエアベンダーも追加予定) なども行なわれています。また、 Leap 15 では従来の "サーバ" の役割に加え、 "トランザクション型サーバ" という役割が追加されています。こちらは一括更新型の仕組みを取り入れたもので、通常動作時にはルートファイルシステムを読み込み専用にするものです。これにより、 IoT (モノのインターネット) 環境や組み込みデバイスから、従来型のサーバやデスクトップまで、幅広い対応を可能にしています。それ以外にも、 Leap 15 では仮想化ゲストとしてのクラウド用途に最適化されているほか、 KDE や GNOME だけでなく、多数のデスクトップ環境にも対応しています。また、ご要望の多かったテスト使用を目的としたライブイメージも復活しています。

新しい外観と SLE との密接な統合

従来は openSUSE と SLE はそれぞれ並行して開発されてきましたが、 openSUSE Leap 15 では、 SUSE Linux Enterprise (SLE) 15 のソースコードをベースにした仕組みに改められ、コミュニティによって開発された全く新しい外観など、多数のコミュニティパッケージを追加して作られています。今後数ヶ月程度の予定で、 Leap 15 と SLE 15 の中枢部が完全に統合されます。 Leap としての最初のリリースは 42.1 で、こちらは SLE 12 のサービスパック 1 (SP1) をベースにしていましたが、それから 3 年が経過することで、 SUSE のエンタープライズ版 (SLE) と openSUSE のコミュニティ版がバージョン 15 として完全に統合されることになりました。

長きにわたって openSUSE を利用し、現在は SUSE Linux Enterprise 15 のプロダクトマネージャである Kai Dupke 氏は、下記のように表明しています: "インタープライズ用のものと DNA を同じくするコミュニティディストリビューションは、オープンソースのエコシステムを回すための賢い方法となるでしょう。 Leap は開発者にもユーザにも、非常に柔軟な自由を提供します。"

エンタープライズ製品への移行の簡易化

これは初めての試みになりますが、 SUSE では openSUSE Leap で構築されたサーバの SUSE Linux Enterprise への移行をサポートする予定です。これにより、システム開発者は Leap 上で必要な開発を実施し、後から SLA や認証を取ったり、本番環境への多数の配置や拡張長期サポートを得る目的で、エンタープライズ版に移行することができるようになります。

Dupke 氏によると: "コミュニティ版の Linux から商用 Linux 製品へのアップグレードは開発者にとって悩みの種ともなるもので、複雑な仕組みにもなりうるものです。 Leap 15 は、 SUSE Linux Enterprise 15 に簡単に移行できるように作られています。我々は、コミュニティのほうがより革新的な技術開発に優れていることを知っておりますので、これを必要に応じてエンタープライズにも展開できるよう、 Leap のコミュニティ内の開発者に門戸を開くようにしました。これにより、 Leap 15 からは素早く最も柔軟にエンタープライズ製品に移行し、サービスやサポート、メンテナンスを受けられるようになります。"

OBS, OpenQA: よりよいテストとセキュリティの確保、そしてさらにオープンに

Open Build ServiceopenQA を併用することで、 openSUSE Leap は最も良く、かつ最もテストの行なわれている Linux ディストリビューションとなっています。他のディストリビューションとは異なる構築手順になっているため、より安全な開発モデルを採用していることになります。

エンタープライズのシステムをベースにしたコミュニティディストリビューションは、 SUSE の開発者との共同作業で開発されていて、オープンソースだけでなく、 Open Build ServiceopenQA など openSUSE のツールも併用しています。テストという側面では、 100 万回以上のテスト実行 が行なわれています。

このように活発な開発者コミュニティとオープンソースツールの提供、そして Leap と SLE とのディストリビューション間調整により、開発者はより Leap に貢献しやすく、より活発な技術革新とオープンソースソリューションの提供を可能にしています。

全てが標準に基づいた新しいネットワーク向けサービス

従来の Leap バージョンをお使いの方であれば、どなたでも Leap 15 に更新することができます。移行作業は 6 ヶ月以内に実施していただくことをお勧めします。従来のバージョンと同様、システム管理者や小規模ビジネス用途として Web サーバやメールサーバにお使いいただけるほか、 DHCP, DNS, NTP, Samba, LDAP など、多数のネットワークサービスを提供することもできます。

ファイル共有/クラウドサービスとして NextCloud が提供されるほか、グループウエアアプリケーションスイートである Kopano (従来は Zarafa という名称でした) も Leap 15 の公式リポジトリ内に提供されています。

新しいインストーラとパーティション設定、そして firewalld への移行

Leap 15 は openSUSE の最もパワフルなツールである YaST をも進化させています。例えば、パーティション設定機能を提供する libstorage-ng サブシステムが大幅に書き換えられ、さらにパワフルで使いやすい仕組みを提供しています。同様に SuSEfirewall2 についても、より一般的に使用されている firewalld に切り替えられ、動的なネットワーク環境にもよりよく対応できるようになっています。

クラウド環境など、大量配置を希望する管理者向けには、より便利になった AutoYaST がお勧めです。インストールと設定を含むプロファイルを作成することで、無人インストールをさらに簡単にしています。新しい AutoYaST バージョンではプロファイルの整理が行なわれ、ドキュメンテーションの整備や libstorage-ng による新しいパーティション設定機能が追加されています。

Linode と Tuxedo によるイメージと配置、ハードウエア提供

新しいバージョンである Leap 15 は、 DVD やネットワーク ISO だけで提供されているわけではありません。仮想プライベートクラウドの事業者である Linode 社や、ハードウエアベンダーである TUXEDO Computers 社では、 Leap をイメージとしても提供しています。例えば TUXEDO InfinityBook Pro 13 は Leap 15 がプレインストールされていてすぐに使うことができますし、 Linode 社では全てのインフラストラクチャ要件に合致するよう、 Leap を利用できるようになっています。これらの企業以外にも、 Leap 15 を近い将来に提供する予定のクラウド事業者やハードウエアの製造元があります。

Kubic によるアトミック更新: プロフェッショナル仕様の追加の構築ブロック

本リリースでは、従来のサーバ形式に加え、トランザクション型のサーバにも対応するようになりました。これは openSUSE のコンテナプラットフォームプロジェクト Kubic から提供された仕組みで、一括更新型の仕組みと読み込み専用のルートファイルシステムを組み合わせることで、コンテナのホストや IoT (モノのインターネット) のほか、従来型のサーバ構成にも対応する、他用途な役割になっています。将来的にはデスクトップ用途にも展開していく予定です。

スケール対応

openSUSE Leap は仮想マシン (VM) やコンテナのゲストとしても最適な仕組みで、単一のサーバであってもデータセンター全体であっても、全く気にすることなく効率的に動作するようになっています。

デスクトップ対応とライブイメージ

openSUSE Leap では、お気に入りのデスクトップ環境を自由に選択し、設定することができます。 Leap 15 での GNOME のバージョンは SLE 15 と同じで、既定では Wayland を使用します。また、 Leap では初めて GNOME Builder が提供されるようになり、 GNOME プロジェクト の開発が簡単にできるようになっています。 KDE についても SLE 15 の PackageHub で公開されているものと同じで、最新の Plasma 5.12 長期サポート (LTS) 版のほか、コミュニティ側でサポートしているツールやアプリケーションを含めて提供しています。また、 Leap では上述のとおり、 ライブイメージ が復活しています。

健康管理と科学

Leap ディストリビューションでは健康管理や科学、研究や開発コミュニティなどに向けたパッケージもあります。たとえば GNU Health では、医院内の作業を支援したり患者の健康情報を収集したりすることができますし、 QGIS では研究者が地理情報を作成したり、編集や可視化、分析や公開などを行なうことができます。

プラットフォーム対応

Leap は x86_64 環境で動作し、物理サーバや仮想サーバ、ホストやゲスト、クラウドなどに配置することができます。また、 ARM64POWER などへの移植もコミュニティ側で行なわれています。

Leap 15 に対するメンテナンス更新とセキュリティ更新は、少なくとも 3 年間提供される予定です。なお、毎年公開される最新の Leap 15 サービスパック (SP) への更新は、公開後 6 ヶ月以内に更新していただく必要があります。