Home Wiki > Portal:42.2
Sign up | Login

Portal:42.2

tagline: 提供: openSUSE

openSUSE 42.2 リリース情報 edit

openSUSE 42.2 はopenSUSE Leap 42 シリーズの2番目のバージョンです。コアのソースは SUSE Linux Enterprise 12 Service Pack 2 に由来しており、他の Linux ディストリビューションとは比較できないであろうレベルの安定性を実現しています。

本リリースに向けて、コミュニティ開発者は、成熟したパッケージと、 openSUSEのもう一つのディストリビューションである Tumbleweed で提供されている新しいパッケージのギャップを埋めるため、Leap とアップストリームプロジェクトに同程度の貢献をしてきました。

Leap 42.2 を次の URL からダウンロードして下さい: software.opensuse.org. インストールをする前に リリースノート (英語) をご覧下さい。


機能ハイライト edit


openSUSE Leap 42.2 は...

Icon-wiki.png

より企業向けに

openSUSE Leap 42.1 が SLE (SUSE Linux Enterprise) をベースにしていたのと同様に、 Leap 42.2 は SLE 12 Service Pack (SP) 2 のリリースをベースにし、従来より多くのソースコードを共有するようになっています。 NVDIMM や OmniPATH のほか、 openVSwitch, XEN と Data Plane Development Kit の組み合わせなどの新技術が本リリースに含まれています。 SLE とのコードベース共有だけでなく、 openSUSE Leap 42.2 では openSUSE コミュニティ自身や SUSE のエンジニアが提供する様々なパッケージやメンテナンス、バグ修正なども含まれています。なお、 Leap 42.1 を基準にして、 Leap 42.x では最低 36 ヶ月間のメンテナンス/セキュリティ更新期間を提供します。

Icon-new.png

Konqi の復活

Konqi がその力を完全に取り戻しました。 Plasma 5.8 により、 openSUSE Leap に対して全く新しいコンポーネントを提供しています。 Plasma 5.8 は長期サポートリリースとして提供されていることから、安定性を重視する Leap のユーザには最適なバージョンといえるでしょう。また、 Qt 5.6 や Frameworks 5.26 しの組み合わせにより、 Plasma 5.8 は Leap 42.2 のユーザに対して、 KDE の素晴らしい信頼性や安定性をもたらすことになるでしょう。

Icon-distribution.png

成熟性

Leap 42.2 では Linux カーネルの LTS (長期サポート) 版であるバージョン 4.4 を採用しています。このバージョンではファイルシステムの改善のほか、 btrfs に対する新しいバランスフィルタなどが提供されています。また、既定のカーネルは準仮想化が有効化されています。このほか、本バージョンでは Trusted Platform Module 2.0 チップを利用した暗号化やセキュリティのサポートが改善されているほか、 KVM を介して入れ子 (nested) の仮想化にも対応しています。また、 IP 仮想サーバや IPv6 のネットワーク機能も劇的に改善され、様々なアーキテクチャで更新および変更が加えられています。

Icon-yast.png

Sprints

openSUSE Leap 42.2 では、 YaST Sprint の取り組みによって GCC 4.8.5 のほか、新しい GCC 5 も選択肢として提供されるようになっています。これらの仕組みによって、 YaST がより直感的に操作できるようになっています。