The wikis are now using the new authentication system.
If you did not migrate your account yet, visit https://idp-portal-info.suse.com/

openSUSEについて

移動先: 案内, 検索

openSUSEとは

openSUSEは、あなたのコンピュータのための完全なLinuxベースのデスクトップオペレーティングシステムです。 ユーザービリティと使いやすさを念頭に設計されたopenSUSEは現在利用可能なLinuxバージョンで最もポピュラーなバージョンの1つで、あなたがオフィスや自宅、また屋外であなたがコンピュータを使うのに必要なものすべてを備えています。 openSUSEは使いやすく、その上信じられないくらい強力なデスクトップ環境であなたが音楽やビデオを楽しみ、Microsoft Office互換のオフィススイートで仕事をし、友人や家族とコミュニケーションをするため、その他たくさんのことをするための驚くべきアプリケーションを特徴としています。 openSUSEにさらなるアプリケーションを追加インストールするのは簡単で素早いので、すぐにopenSUSE12.3を試してみてください。

openSUSEにできること

openSUSEができることすべてにあなたは驚くかもしれません。他のものよりも、あなたのコンピューティングが価値があり生産的であることを確信するでしょう。

  • 完全なデスクトップオペレーティングシステム:openSUSEはあなたが仕事をし、遊ぶために必要なものをすべて備えています。webの閲覧や電子メールの送信、ドキュメントの作成、その他たくさんのことがフリーで行えます。
  • フルオフィススイートが含まれている:LibreOfficeを用いてプロフェッショナルなドキュメントやスプレッドシート、プレゼンテーション、その他の作成ができます。
  • 心配いらずのインターネット体験:ウイルスとスパイウェアについて心配することを忘れてしまいます。現在openSUSEにはそういったものは存在しません。そして同梱されたFirefoxウェブブラウザはあなたに既知のフィッシングサイトを警告し、詐欺となりすましからあなたを保護するのを助けます。
  • メディアを楽しむ:BansheeAmarokであなたの音楽やビデオ、ポットキャストを再生し、F-spotDigikamを用いて写真をまとめ、編集、共有して楽しみましょう。そしてCheeseを使ってあなた自身と友人の新しい写真を作りましょう。
  • Live molile:openSUSEは優れたサポートと動作をラップトップや携帯用デバイスに提供します。そのため、あなたがopenSUSEで仕事をしたり遊んだりするためにどこかに縛り付けられる必要はありません。
  • サポート:openSUSE製品はリリース後の2年はソフトウェアアップデートがサポートされています。そして、あなたがopenSUSEについて何か疑問を抱いたり問題を抱えたならopnSUSEコミュニティはそれらの解決のために役立つでしょう。

openSUSEを注文しよう!

openSUSE11.1は現在注文可能です!openSUSEを購入しましょう!

openSUSEのについての最新情報が必要ならば、最新のopenSUSEニュースを見てください!


openSUSEコンピュータについてもっと知ろう!

openSUSE TutorialsとHelping Handsを使ってopenSUSEコンピュータについての役に立つtipsを得て、openSUSEの特徴のいくつかの内部情報を得ましょう。

openSUSE TutorialsはあなたのopenSUSEデスクトップを最大限に利用する方法についてのいくつかのスマートなtipsと技を与えてくれるでしょう。

openSUSE Helping Hands presentationsはopenSUSE-GNOMEチャットルームで行われているopenSUSEデスクトップについての特定のトピックスについて毎週プレゼンテーションです。あなたのお気に入りのアプリケーションについて深く学び、さらにopenSUSEやそのアプリケーションの開発者に質問をして回答を得ましょう。openSUSE Helping Hands presentationsは毎週金曜日にopenSUSE-GNOMEチャットルームで行われています。

openSUSE TV

参照


openSUSE を今すぐ手に入れよう!

Scribus48.png この記事はまだ書きかけ(stub)の状態です!
この記事には加筆が求められています。もしあなたが加筆できるようならば、openSUSE 記事スタイルガイドに従って加筆をお願いします。また他の加筆が必要な記事の一覧もご参照ください。