The wikis are now using the new authentication system.
If you did not migrate your account yet, visit https://idp-portal-info.suse.com/

MySQL-5.1

移動先: 案内, 検索
MySQL 5.1 パッケージについての注意点
===================================

MySQL 5.1 パッケージには、注意しておくべきいくつかの変更点があります。
これらのうちのほとんどは以前のバージョンからのアップグレード時にのみ影響があるもので、
お使いの設定に何らかの変更を加える必要があるものです。

1) プラグイン:
===========

MySQL 5.1 での新機能のうちの 1 つがプラグインへの対応です。いくつかのストレージ
エンジンが同梱されています。下記のようなプラグインを使用することができます:

 - archive
 - blackhole
 - federated
 - example

InnoDB は今もなお MySQL の内部パートとしてコンパイルされています。バージョン
5.0 からのアップグレード、または今回はじめて MySQL 5.1 をインストールする環境の
場合は、既定で全てのプラグインが有効に設定されていますので、後からそれらを
無効化することができます (http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/ja/uninstall-plugin.html
をお読みください) 。.

この変更により、 my.cnf ファイルを手動で変更した場合は skip-federated オプションを
取り除く必要があります。従来のバージョンの MySQL では既定で設定されていたものです。

2) ファイルの配置:
==================

ファイル配置についてもいくつかの変更が行なわれています。これらのうちの多くは
既定の設定ファイル内で行なわれているため、何らかの問題に直面した場合で
/etc/my.cnf に対して手動での変更を行なっている場合は、 /etc/my.cnf.rpmnew
ファイルを参照して書き換えてください。

ファイル配置の変更点:
 - MySQL ソケットファイルとプロセス ID ファイルは、既定では /var/lib/mysql から
   もっとわかりやすい場所 ( /var/run/mysql ) に移動しました。
 - MySQL ログファイルは /var/log/mysql 以下に保存されるようになりました。

3) BerkeleyDB:
==============

MySQL では BerkeleyDB のストレージエンジンが利用できなくなりました。こちらに
ついて後から修正することはできませんので、 **アップグレードの前に** あらかじめ
お使いのデータを別のストレージエンジンに移行してください。下記のようなコマンドで
ストレージエンジンを移行することができます:

	ALTER TABLE foo ENGINE = INNODB;

4) MySQL アップグレードログ
====================

MySQL の自動データベースアップグレードで表示されたメッセージを見失ってしまった
場合は、下記のファイルから読み直すことができます。

	/var/log/mysql/mysqld-upgrade.log