Home Wiki > SDB:Linuxrc
Sign up | Login

Linuxrcから転送)

SDB:Linuxrc

tagline: 提供: openSUSE


linuxrc は実際のインストールプログラム YaST が起動する前に動作する 小さなプログラムです。

ハードウエアのセットアップ作業を行なうほか、インストールのリポジトリを探す役割を担っています。 リポジトリの場所を指定するには、 インストール オプションをお使いください。

linuxrc の使用はインストールのときだけではありません。インストール済みのシステムを起動する ためのツールとしてお使いいただけるほか、独立した RAM ディスクベースの救出システムを 起動するためにもご利用いただけます。

パラメータ設定

linuxrc はコマンドラインや設定ファイルを通してパラメータを受け付けます。 ファイルを通してパラメータを受け渡すには、 info パラメータを利用してファイルの位置を指定してください。 ファイルの指定を複数個書き並べることもできます。この場合、 linuxrc は全てのファイルを読み込みます。

また linuxrc のパラメータは大文字と小文字の区別がなく、必要なだけハイフン (-) やアンダースコア (_) 、 ドット (.) を入れることができます。

オプションの値は二重引用符 (") で括ることもできます。

たとえば、以下のものはいずれも同じ意味になります:

SSHPassword=foo
sshpassword="foo"
ssh.password=foo
ssh-password="foo"
ssh_password=foo
S.Shp-AsSw._.orD=foo

linuxrc で処理できない未知のパラメータで、 foo.bar の形式になっているものは カーネルモジュールのオプションとして解釈されます。詳細は オプション をお読みください。

パラメータ一覧

<span id="url_descr"/>

いくつかのパラメータの値には URL を設定します。ここにはそれらの値の書式を示します。

対応しているスキーム:

cd (or cdrom)         # CD-ROM
disk                  # ローカルディスクデバイス (CD-ROM, ハードディスク, フロッピィディスク)
file                  # ローカルファイル
floppy                # フロッピィディスク (disk を使ったほうが良いです)
ftp                   # ftp サーバ
hd (or harddisk)      # ローカルハードディスク
http                  # http サーバ
nfs                   # nfs サーバ
slp                   # 実際の URL を取得するのに SLP を使用する
smb (or cifs)         # Windows 共有
tftp                  # tftp サーバ

一般的な書式:

(スキーム)://(ドメイン);(ユーザ):(パスワード)@(サーバ):(ポート)/(パス)?(問い合わせ文字列)

(スキーム): が設定されていない場合、通常はリポジトリからの相対 URL として解釈されます。

また、 IPv6 アドレスを入力する場合は大括弧を付け忘れないようご注意ください:

http://[2001:db8:42:815::1]/some_dir

smb, cifs スキームの場合、 (パス)(共有名) から書き始めます:

(パス) = (共有名)/(実際のパス)

(ドメイン)smb, cifs スキームで、ユーザのドメインやワークグループ を指定する場合に使用します。

ローカルデバイスを示す場合は、 cd, disk, floppy, hd, path のあとに続いてデバイス名を記述することができます。

 (パス) = (デバイス)/(実際のパス)

デバイスを指定する他の方法については下記をご覧ください。

(問い合わせ文字列) は以下のいずれか、もしくは任意の組み合わせです

device=device_pattern
instsys=URL             # インストールパラメータに対してのみ有効
service=slp_service     # slp スキームに対してのみ有効
descr=slp_descr         # slp スキームに対してのみ有効
url=slp_url             # slp スキームに対してのみ有効

それぞれ問い合わせ文字列は '&' で区切ります。

<span id="device_descr"/>

(デバイス) では使用したいデバイスを指定します (linuxrc は通常、全ての利用可能な デバイスを試します) 。一般的なシェルのメタキャラクタを使用することもできます。たとえば:

install=cd:/?device=sr0                  # 最初の CD-ROM ドライブ
install=cd:/sr0                          # もう一つの書式
install=cd:/dev/sr0                      # /dev をオプションで追加した書式
install=hd:/?device=sdb*                 # 2 つめのハードディスクのいずれかのパーティション
install=hd:/?device=*label/foo           # ラベルに 'foo' と名付けられたパーティション
install=nfs://foo/bar?device=eth0        # ネットワークデバイスを指定する書式
install=nfs://foo/bar?device=00:0e:0c:*  # MAC アドレスでネットワークデバイスを指定する書式

instsysインストール パラメータとしてのみ意味があります。 詳細は instsys オプションをご覧ください。

service, descr, url はいずれも slp スキームに対してのみ意味を持ち、 URL の一覧を制限する意味になります。たとえば:

# SLP から URL 一覧を取得する
install=slp:/
# 説明に 'openSUSE' を含むものだけを選ぶ
install=slp:/?descr=*openSUSE*
# さらに ftp の URL のみを選ぶ
install=slp:/?descr=*openSUSE*&url=ftp:*

おそらく インストール のパラメータを除いて 使ったことのない方が多いことでしょう。 ただ使うときのため、以下に完全な一覧を示しておきます。


パラメータ 説明
AddSwap

スワップ パーティションを追加します。 0 を設定すると、システムは スワップ パーティションを有効化しません。何らかのマイナスではない数字を設定すると、 番号に対応したパーティションがスワップパーティションとして有効になります。マイナスの番号を入力すると、

linuxrc はスワップパーティションを選択したり作成したりするダイアログを表示します。

パーティションのデバイス名を記入することもできます。

例:

 addswap=/dev/sda2
 # '/dev/' の指定は任意です
 addswap=sda2
 # 5 番目のスワップパーティション
 addswap=5
 # スワップに関して問い合わせない (もしもそれが必要だったとしても)
 addswap=0
 # 対話的に設定する
 addswap=-1
Alias
AutoYaST

このパラメータは AutoYaST を利用した自動インストールを開始するために必要な設定です。値には AutoYaST のインストールプロファイル のある URL を指定する必要があります。利用可能な書式は インストール の項を参照してください。場合によっては netsetup=dhcp を追加したほうが良い場合もあります。

 例:
 AutoYast=ftp://autoyast_profile.xml
BootDisk
BootFile
BOOTPTimeout

BOOTP 要求のタイムアウトを秒単位で指定します。

Bootpwait

<span id="p_bootpwait"/>

インターフェイスを設定してから、 BOOTP 要求を行なうまでの待機時間を秒単位で指定します。

例:

 BootpWait=10
Broadcast

ブロードキャスト IP アドレスです。

 例:
 Broadcast=10.10.255.255
BrokenModules

<span id="p_brokenmodules"/>

初期化の際に読み込んで欲しくないモジュールの一覧を、半角カンマ区切りで指定します。

このオプションを複数回設定した場合は、最後の 1 つの設定だけが 有効になります。このことで、ドライバ更新の中でこの一覧を消去 したりすることができます。

例:

BrokenModules=ahci,ata_piix
CDROMDevice

既にサポートされていません。 デバイス または インストール をお使いください。

ConsoleDevice

コンソールデバイス名を指定します。

 例:
 ConsoleDevice=/dev/tty9
Device

<span id="p_device"/>

リポジトリを検索する際の記憶デバイスを指定します。 利用可能な書式については デバイス表記 をご覧ください。

通常はこのオプションを指定する必要はありません。どうしても必要な場合は インストール パラメータで指定することもご検討ください。

例:

device=sr1        # 2 つめの CD-ROM ドライブ
device=sdc*       # 3 つめのハードディスクのいずれかのパーティション
Display

ウインドウモードのみ

linuxrc の色スキームを設定します。

  • 1 - モノクロディスプレイ [黒/白]
  • 2 - VGA カラーディスプレイ [青/白] (既定値)
  • 3 - もう 1 つの VGA カラーディスプレイ [緑/白]

例:

Display=3   # 緑色の表示にします
Display_IP

X11 経由でリモートインストールを行なうための X サーバの IP アドレス

 例:
 Display_IP=10.10.1.57
DHCP

既にサポートされていません。

DHCPCD

<span id="p_dhcpcd"/>

dhcpcd に設定する追加オプション (dhcpcd は linuxrc が使用する DHCP クライアントです)

例:

dhcpcd=-B
DHCPTimeout

DHCP 要求に対するタイムアウトを秒単位で設定します。

例:

dhcptimeout=120
Domain

DNS でのドメイン検索パスを指定します。 DHCP を使用しないネットワーク設定でのみ意味があります。

例:

domain=opensuse.org
DoSCSIRename

USB や Firewire デバイスが最後に来るようにするため、 SCSI デバイスの順序を入れ替えます。 処理は 今すぐ (オプションが処理されたとき) の形で行なわれます。

このオプションは使用しないでください。

例:

doscsirename=1
DriverUpdate

<span id="p_driverupdate"/>

dud を代わりに使用してください。

ドライバアップデートについての文書を派 http://ftp.suse.com/pub/people/hvogel/Update-Media-HOWTO/index.html をお読みください。

2 種類の表記方法があります: driverupdate=1driverupdate=<url> です。 driverupdate=1 では、 linuxrc はドライバアップデートについて対話的に選択作業を行なおうとします。 driverupdate=<url> では、ドライバアップデートの存在する場所をダイレクトに指定します。 <url> は圧縮されていないドライバアップデートの存在するディレクトリを指すか、 もしくはドライバアップデートの書庫を指すように指定してください。

このオプションは複数回指定することもできます; linuxrc は指定した全てのアップデートを読み込みます。

対応しているスキームと書式についての説明は、 こちら をお読みください。

なお、ドライバアップデートはお使いのインストールサーバやメディア内に存在する場合は 自動的に検出されます。この場合はこのオプションを指定する必要はありません。

例:

# ドライバアップデートディスクについて尋ねるようにする
driverupdate=1
# サーバ 'foo' にある 'myupdate' を読み込む
driverupdate=ftp://foo/myupdate
# ローカルディスク内にある 'update1' を検索して読み込み、 update2 をネットワークから読み込む
driverupdate=disk:/update1 driverupdate=http://foo/update2
DUD

<span id="p_dud"/>

driverupdate パラメータの別名です。

ESCDelay
ethtool

指定したインターフェイス、もしくは全てのインターフェイスに対して ethtool を実行します。 ethtool を利用すると、イーサネットカードの設定を変更することができます。詳細は man ethtool をお読みください。

書式:

[if0=]option

例:

"ethtool=eth0=duplex full"     # eth0 にだけ適用
"ethtool=speed 10"             # 全てのネットワークカードに対して適用
Exec

追加のバイナリを実行します。

例:

exec=/usr/bin/top
Expert

古い設定方法です

TextmodeDriverUpdate の組み合わせの意味になります。

 値:
 0 無視されます
 1 テキストモードを有効にします
 2 ドライバアップデートのディスクを尋ねます
 3 両方を指定します
FloppyDevice

既にサポートされていません。 install をお使いください。

ForceRootimage

既にサポートされていません。

Gateway

インストールサーバとこのマシンが同じサブネットに存在しない場合、 インストールサーバにアクセスするためのゲートウエイを指定します。

例:

gateway=192.168.1.1
HasPCMCIA
HostIP

このコンピュータに対して固定の IP アドレスを指定します。 追加の netmask パラメータで設定すべきネットワークビット数を、ここで追記することもできます。

例:

hostip=192.168.1.101
# ネットマスク 255.255.255.0 も併せて設定する
hostip=192.168.1.101/24
Hostname

完全修飾ホスト名を指定します。

HWDetect

ハードウエア検出を操作します。

 値: 0 (検出を行なわない), 1 (検出を行なう)
Info

<span id="p_info"/>

URL 形式でファイルを指定し、追加のオプションを読み込むよう指定します。対応しているスキームと 書式については こちら をご覧ください。

linuxrc は指定した全てのファイルを読み込みます。ファイルの中にさらなる info パラメータが存在してもかまいません。

例:

info=cd:/info1
info=disk:/install/info2
info=http://foo/bar/info3
InitrdID

initrd の ID を指定した値に強制します。 linuxrc は instsys と initrd の ID を比較し、両方が等しい場合にのみ読み込みを続けます。

InitrdModules

インストール先のシステムで、 initrd 内に含めるべき追加のモジュール一覧を指定します。

Insecure

linuxrc はダウンロードした全てのファイルに対して SHA1 チェックサムの確認を行ないます。チェックサムは 署名の確認を行なったあと、 (リポジトリ):/content から取得します。

これを行ないたくない場合は、以下を指定してください:

insecure=1

なお、いったんこれを設定してしまうと、あとから元に戻すことができなくなることに注意してください。 具体的に言うと、:

insecure=0

が動作しなくなります。

Insmod

カーネルが読み込むべきモジュールを、必要なパラメータと共に指定します。モジュールのパラメータは半角スペースで区切らなければなりません。

モジュールはハードウエアの検出が始まる前に読み込まれます。また、モジュールの依存関係は 自動的に解決されます (この点において insmod という名前の付け方は誤解を招く不適切な やり方かもしれません) 。

なお、モジュールが brokenmodules で指定されている場合は、 この方法では読み込むことができません。

例:

# ahci ドライバを読み込む
insmod=ahci
# 二重引用符が必要になることに注意
insmod="loop max_loop=100"
# いくつかのモジュールを読み込む
insmod=tg3 insmod=e1000
Install

<span id="p_install"/>

インストール元のリポジトリを URL の形式で指定します。対応しているスキームと 書式については こちら をご覧ください。

ここで指定する値は、ディレクトリか ISO イメージを指すものでなければなりません。

なお、リポジトリを指定する必要がなく、単に linuxrc がハードウエアを 設定したあとに指定したパラメータを実行するための特別なスキーム exec にも対応しています。

例:

# CD-ROM からインストールする
install=cd:/
# サーバ foo の ftp サーバで、ディレクトリ openSUSE-10.3-i386 からインストールする
install=ftp://foo/pub/openSUSE-10.3-i386
# ローカルディスク内の ISO イメージ openSUSE-10.3-i386-DVD.iso からインストールする
install=disk://install/openSUSE-10.3-i386-DVD.iso
# Windows 共有 bar 内の ISO イメージ openSUSE-10.3-i386-DVD.iso からインストールする
install=smb://foo/bar/openSUSE-10.3-i386-DVD.iso
# SLP を利用して実際の URL を取得する
install=slp:/
# 単にシェルを実行するだけ
install=exec:/bin/sh

インストールプログラムは通常、リポジトリから読み込みます。何らかの理由でそれを 行ないたくない場合は、 ?instsys= を追加してインストールシステムのイメージを 明示的に指定することができるほか、 instsys パラメータでも同じことができます; たとえば:

install=cd:/?instsys=ftp://testserver/foo
# は、下記を指定したのと同じ意味です
instsys=ftp://testserver/foo install=cd:/
InstallDir

既にサポートされていません。 install をお使いください。

InstMode

既にサポートされていません。 install をお使いください。

Instsys

<span id="p_instsys"/>

使用するインストールシステムを指定します。既定値は boot/<arch>/root です。ファイルシステムイメージかディレクトリを指定する必要があります。 対応しているスキームと書式については、 こちら をお読みください。 同じ動作をする install も併せてご覧ください。

例:

instsys=my/zappel          # リポジトリ内の my/zappel を使用する
instsys=http://foo/zappel  # サーバ foozappel を使用する
InstsysComplain

initrd ID と instsys ID が異なっていた場合の処理を指定します。

 値:
 0 無視する
 1 警告を表示する
 2 エラーで中断する

Beta 版以外のシステムの場合、このパラメータは既定で 0 (無視する) になっています。

InstsysID

instsys の ID を指定した値に強制します。 linuxrc は instsys と initrd の ID を比較し、両方が等しい場合にのみ読み込みを続けます。

ipv4

[SL 11.1+]

IPv4 サポートを有効にします (既定値)

ipv4only

[SL 11.1+]

IPv4 サポートを有効にし、 IPv6 を無効にします。

例:

 ipv4only=1
 # は、下記と同じ意味です
 ipv6only=0
ipv6

[実験中です]

(IPv4 に加えて) IPv6 サポートを有効にします。

ipv6only

[実験中です]

IPv6 サポートを有効にし、 IPv4 を無効にします。

例:

 ipv6only=1
KBDTimeout

ウインドウモードのみ

キーボードのタイムアウトを秒単位で指定します。何も入力を行なわないと、 linuxrc は既定値で処理を続行します。 既定値は 0 (無効) です。

Kexec

1 に設定すると、 linuxrc はカーネルと initrd をリポジトリから読み込み、 それらで再スタートします。

Spares people installing via network the download of the Boot-CD as you can keep using an old one.

現在は x86 および x86-64 アーキテクチャでのみ動作します。

例:

 kexec=1
kexec_reboot

1 に設定すると (多くのマシンでの既定値) 、インストールの第一段階が終わったあと kexec を利用して再起動を行ないます。 0 に設定すると通常の再起動を行ないます。 kexec を利用すると 壊れてしまうものが存在するためで、たとえば YaST で管理している VirtualBox などのブラックリストが存在します。


Keytable

使用する仮想コンソールのキーボードマップを指定します。

 例:
 Keytable=fr-latin1
Lang

Language パラメータの別名です。

Language

インストールで使用する言語を事前に選択します。

 例:
 Language=de_DE
 Language=fr_FR
 Language=cs_CZ
Linemode

<span id="p_linemode"/>

ダム端末でラインモードを有効にします。

例:

 linemode=1
linuxrc

廃止されました。使用しないでください。

LinuxrcDebug

<span id="p_linuxrcdebug"/>

デバッグレベル (数字) とデバッグフラグをカンマ区切りの一覧で指定します。 フラグはそれぞれ有効と無効を切り替えることができます ('+' (有効) または '-' (無効) を前に付ける)。 現在対応しているデバッグフラグは下記の通りです:

  • wait: 重要な場所で停止し、キー入力を待つ
  • udev: /dev 以下の構造を管理するために udev を使用する
  • udev.mods: udev に対してモジュールの読み込みを行なわせる

例:

# デバッグ情報をそれなりに増やす
linuxrc.debug=1
# さらにいくつかの重要な場所で停止する
linuxrc.debug=1,wait
# linuxrc でドライバを読み込む
linuxrc.debug=-udev.mods
LinuxrcLog

<span id="p_linuxrclog"/>

ログメッセージを出力するデバイスを指定します。既定では /dev/tty3 になっています。 ログメッセージの出力量を増やすには、 デバッグレベル を増やしてください。

例:

# 全てのログメッセージを 'foo' に保存する
linuxrc.log=/foo
# 既定のコンソールに表示する (linemode と共に設定するとよいでしょう)
linuxrc.log=/dev/console linemode=1
LinuxrcSTDERR

廃止されました。 linuxrclog をお使いください。

Listen

* 実験中です *

linuxrc でネットワークを設定し、指定したポートを入力元として待機します。 (このオプションと共に manual=1 を設定すると、 telnet プロトコルを利用して linuxrc に接続することができます)

例:

# ポート 1234 で入力を待つ
listen=1234
Loghost

<span id="p_loghost"/> syslog の転送先ホスト名を指定します。 YaST では、 y2log と指定した syslog ホストの両方に出力を行ないます。

転送先のホストでログの受け付けを行なうには、 /etc/syslog-ng/syslog-ng.conf ファイルの "source" セクションを設定してください。

LogLevel

カーネルのログレベルを指定します。

 値: 1 - 8

既定値はシリアルコンソールの場合に 1 、それ以外の場合は 7 になっています。

LXRCDebug

廃止されました。 linuxrcdebug をお使いください。

Manual

linuxrc を手動モードで開始します。

 値:
 0 自動モード (既定値)
 1 手動モード
 2 本当の手動モード (たとえば USB のセットアップを行なわないと、 USB キーボードが動作しません!)

通常は手動モードを利用する必要はありません。必要でない限り 指定しないでください。コマンドラインから指定すれば、必要な設定は全て行なうことができるためです。

manual=1 ではある程度のハードウエア検出を行ないます (たとえばモジュール読み込みのダイアログで適切なモジュールに印を付けるなど) が、基本的に必要なモジュールはそれぞれご自身で注意して読み込ませ なければなりません。

manual=2 では全くハードウエア検出を行ないません。 ハードウエア検出を行なってしまうと何らかの問題が発生する場合にのみ 有効です。典型的な例としては、 linuxrc でドライバを読み込んで インターフェイスが存在しているにもかかわらず、ネットワークインターフェイスの 選択を求められない場合などがあります。

MemLimit

スワップパーティションの作成を行なわずに進めることができる空きメモリ量の下限を、キロバイト単位で指定します。 実際の空きメモリ量がここで設定した値より小さい場合、 linuxrc はスワップパーティションの使用を要求します。

MemLoadImage

ルートイメージを RAM に展開することができる空きメモリ量の下限を、キロバイト単位で指定します。 実際の空きメモリ量がここで設定した値より小さい場合、 linuxrc はルートイメージを RAM にコピーせずに進めようとします。

MemYaST

YaST をグラフィカルモードで開始することができる空きメモリ量の下限を、キロバイト単位で指定します。 実際の空きメモリ量がここで設定した値より小さい場合、 linuxrc は YaST をテキストモードで開始します。

MemYaSTText

YaST を開始する前にスワップパーティションを設定するよう求める空きメモリ量の上限を、キロバイト単位で指定します。 実際の空きメモリ量がここで設定した値より小さい場合、 linuxrc はスワップパーティションの設定を求めます。

MinMemory

セットアップを行なうのに必要な空きメモリ量の上限を、キロバイト単位で指定します。 実際の空きメモリ量がここで設定した値より小さい場合、 linuxrc はセットアップを開始しないようになります。 既定では 0 になっています。

ModuleDelay

それぞれのモジュールを読み込んだあとに待機する秒数を指定します。 ハードウエアの処理が遅い場合に有効です。

 例:
 # 5 秒待機する
 ModuleDelay=5

既定では 0 になっています。

ModuleDisks

既にサポートされていません。

Nameserver

DNS ネームサーバの IP アドレスを指定します。

 例:
 Nameserver=192.168.1.1
Netdevice

ネットワークインターフェイスを指定します。利用可能な値については デバイス表記 をお読みください。

通常は指定する必要はありません。どうしてもこのオプションを設定する必要が生じた場合は、 Install パラメータに追加する方法もご検討ください。

例:

netdevice=eth1        # 2 つめのイーサネットデバイス
netdevice=wlan*       # 無線 LAN インターフェイス
Netmask

DHCP からでも設定できます

インストールするホストの IP ネットマスクを指定します。

Netretry

Netretry=N を設定すると、全てのネットワーク接続を N 回まで再試行することを指定します (たとえば FTP サーバにアクセスする場合など) 。 通常はネットワークの問題をデバッグするために使用します。

NetSetup

<span id="p_netsetup"/>

ネットワークパラメータについて問い合わせを表示し、ネットワークを設定することを 指定します。通常は install パラメータでネットワークからのインストールを 設定した場合、 linuxrc が自動的にこれを行ないます。 ローカルメディアからインストールする場合でもネットワークを設定したい場合、 このオプションをお使いください。

netsetup は半角カンマ区切りの一覧で、 default, dhcp, hostip, netmask, gateway, nameserver, all の組み合わせで指定します。

例:

# default は dhcp,hostip,netmask,gateway,nameserver の意味です
netsetup=default
# 'default' と同じ意味です
netsetup=1
# DHCP を実行します
netsetup=dhcp
# 全てのインターフェイスを設定します
netsetup=dhcp,all

_NetStop

内部使用

NetUniqueID
NetWait

<span id="p_netwait"/>

ネットワークインターフェイスを設定したあとに待機する時間を秒単位で指定します。 ごく稀ですが、ネットワークカードによってはこれを設定する必要がある場合もあります。

DHCP についての問題を回避する場合は、 dhcpcd をお読みください。 BOOTP についての問題を回避する場合は bootpwait をお読みください。

 例:
 # 8 秒待機する
 NetWait=8
Network

DHCP からでも設定できます

NewID
NFSOpts

<span id="p_nfsopts"/>

NFS のマウントオプションを設定します。半角カンマ区切りの一覧で、下記のオプションに対応しています。 vers, tcp, udp, rsize, wsize.

例:

# UDP を利用して NFSv2 のマウントを行ないます
nfsopts=udp,vers=2
# ブロックサイズを変更します
nfsopts=rsize=4096,wsize=4096
NFS.RSize

廃止されました。 NFSOpts をお使いください。

NFS.TCP

既にサポートされていません。 NFSOpts をお使いください。

NFS.WSize

廃止されました。 NFSOpts をお使いください。

NoMDNS

MDNS の使用を停止します。

例:

nomdns=1
NoPCMCIA

古い設定方法です

PCMCIA カードマネージャを起動しないように設定します。This option may not be useful any more.

NoShell

いかなるシェルも起動しないように設定します。既定では linuxrc は /bin/bash をそれぞれ /dev/tty2, /dev/tty9 で起動し、さらにメモリの要件が許せば (おそらく常に) /dev/tty5, /dev/tty6 の端末で起動します。

パラメータ MemLimit, MemYaST, MemYaSTText も併せてお読みください。

 例:
 noshell=1
Options

<span id="p_options"/>

カーネルモジュールのオプションを設定します。書式は "module.parameter" または "module=parameter" です。

例:

# モジュール "thermal" に対して "tzp=50" を設定します
options=thermal.tzp=50
# おかしな表現のようにも見えますが、上と同じ意味です:
options=thermal=tzp=50
# 100 個のループデバイスを作成します
options=loop.max_loop=100

代替手段として、オプションとして認識されないものであれば、 foo.bar はモジュール foo のオプション bar として認識されます。

例:

thermal.tzp=50
loop.max_loop=100

モジュールに対して複数のオプションを指定するには、下記のようにしてください:

libata.atapi_enabled=1 libata.ignore_hpa=1
# 上と同じ意味ですが、 1 つにまとめています:
options="libata.atapi_enabled=1 ignore_hpa=1"
Partition

既にサポートされていません。 device または install をお使いください。

Password

既にサポートされていません。 install をお使いください。

PCMCIA
Product
ProductDir
Proxy

<span id="p_proxy"/>

HTTP プロキシ (代理) サーバを設定します。 URL の書式については、 こちら をご覧ください。

例:

# proxy.foo.org のポート 3128 を使用する
proxy=http://proxy.foo.org:3128
# 'http://' の使用は任意ですので、省略可能です:
proxy=proxy.foo.org:3128
# プロキシサーバの認証が必要な場合は、下記のようになります
proxy=http://foo:bar@proxy.foo.org:3128
ProxyPort

既にサポートされていません。 proxy をお使いください。

ProxyProto

既にサポートされていません。 proxy をお使いください。

Rescue

<span id="p_rescue"/>

レスキュー (救出) システムを読み込みます。書式については install をお読みください。

代替手段として、 rescue=1install または instsys を使用する方法もあります。

RescueImage

インストールソース内でのレスキュー (救出) システムイメージの位置を指定します。

RootImage

インストールソース内でのルートイメージ (インストールシステムのイメージ) の位置を指定します。

RootImage2

既にサポートされていません。

RootPassword

linuxrc で root のパスワードを確認します。

 例:
 RootPassword=ask
RootPath

DHCP の場合にのみ意味があります

Screenmap

廃止されました。使用しないでください (どのようなお考えにしろ、おそらくあなたが考えているとおりには動きません) 。

SCSIBeforeUSB
SCSIRename
Server
Serverdir

既にサポートされていません。 install をお使いください。

SetupCmd
SetupNetIF
Share

既にサポートされていません。 install をお使いください。

Splash

初期化作業時にスプラッシュスクリーンを使用するかどうかを指定します。

 例:
 Splash=silent
 Splash=verbose
SSH

UseSSH パラメータの別名です。

SSHPassword

UseSSH を設定した場合、インストールの際に SSH サーバ経由でログインする際の root パスワードを設定します。インストール済みのシステムに対するパスワードではありません。 RootPassword も併せてご覧ください。

例:

 SSHPassword=12345678
StartShell

インストールシステムを起動し、シェルを起動します。その後、シェルが終了するまで待機します。この方法でインストールシステムの修正を行なうことができるほか、パーティションをマウントしたりマウント解除したりできますし、手動で yast と入力して YaST インストールを開始することもできます。

例:

 StartShell=1
StaticDevices
TERM

linuxrc が動作する端末の種類を指定します。

 例:
 TERM=dumb
_TestMode

内部使用 設定ファイルのみ

Textmode

Qt が利用可能な場合であっても開始せず、テキストモードで YaST を実行します。

 例:
 Textmode=1
TFTPTimeout

TFTP 接続のタイムアウトを秒単位で指定します。

_TmpFS

既にサポートされていません。

UpdateComplain
UpdateDir
UpdateExpected
UpdateID

設定ファイルのみ

UpdateName
UpdatePriority

設定ファイルのみ

UpdateStyle
USBWait

USB モジュールを読み込んでから待機する時間を秒単位で指定します。

UseDHCP

自動的なネットワークセットアップが必要な場合、 DHCP と BOOTP のどちらを利用するかを指定します。既定では DHCP です。

 例:
 # BOOTP を使用する
 UseDHCP=0
Username

既にサポートされていません。 install をお使いください。

UseSSH

テキストモードの YaST や X11 転送を行なった YaST でインストールを実行する際、 SSH 経由で linuxrc にアクセスできるようにします。 X11 転送を行なう場合は、 ssh -X root@hostname または ssh -Y root@hostname として接続してください。

 値: 0 (無効), 1 (有効)
UseVNC

VNC パラメータの別名です。

VNC

VNC 経由でインストールを行ないます。利用可能なコンソールが存在しないホストに対してインストールを行なうのに便利です。有効に設定した場合、 VNC サーバがインストール先のホストで有効になります。 VNCPassword も併せてご覧ください。

 例:
 VNC=1 VNC を有効にする
 VNC=0 VNC を無効にする (既定値)
VNCPassword

VNC 経由でインストールを行なう場合の VNC パスワードを設定します。

 例:
 VNCPassword=12345678
WaitReboot
WithiSCSI

インストールの際に iSCSI イニシエータを設定するため、 YaST モジュールを起動します。

WlanAuth
WlanESSID
WlanKeyAscii
WlanKeyHex
WlanKeyLen
WlanKeyPass
WorkDomain

既にサポートされていません。 install をお使いください。

YaST2update
YaST2color
Zen

既にサポートされていません。

ZenConfig

既にサポートされていません。

Zombies

linuxrc でゾンビ化したプロセスの処理を行ないたくない場合、 0 に設定してください (できる限り設定しないでください) 。

例:

zombies=0

S/390 や zSeries 向けの特別パラメータ

パラメータ 説明
CTCProtocol

使用する CTC プロトコルを指定します。

 値:
 0 互換
 1 拡張
 2 z/OS
DataChannel

CU3088 と QDIO デバイス向けの CCW データチャネルを指定します。

 書式: h.h.hhhh
InstNetDev

インストール元のネットワークデバイスを指定します。

 値:
 osa OSA-2 または OSA Express
 hsi Hipersocket
 ctc CTC (古い書式です)
 escon ESCON (古い書式です)
 iucv IUCV (古い書式です)
IUCVPeer

IUVC ネットワーキング向けの相手 (peer) 名を指定します。

Layer2

OSA Express イーサネットインターフェイス向けの OSI レイヤ 2 アクセスを有効にします。

 値: 0 (無効), 1 (有効)
OSAHWAddr

SLE10 SP1 から利用可能です
レイヤ 2 の有効な OSA デバイスに対して、手動で MAC アドレスを設定します。ここで設定する値はハードウエアアドレス (HWAddr) とは異なるもので、 linuxrc で検出した既定の MAC アドレスを書き換えるものです。

 例: OSAHWAddr=11:22:33:44:55:66
OSAInterface

OSA デバイスのソフトウエアインターフェイスを指定します。

 値:
 qdio QDIO
 lcs LCS
OSAMedium

OSA デバイスの物理メディアを指定します。

 値:
 eth イーサネット
 tr トークンリング
Portname

OSA デバイスのポート名を指定します。

ReadChannel

CU3088 と QDIO デバイス向けの CCW 読み込みチャネルを指定します。

 書式: h.h.hhhh
WriteChannel

CU3088 と QDIO デバイス向けの CCW 書き込みチャネルを指定します。

 書式: h.h.hhhh


linuxrc 自身では処理されない特別なパラメータ

パラメータ 説明
Mem

インストールシステムで使用する RAM の最大サイズを指定します。 インストール時のメモリ要件を確認する場合に便利です。

 例:
 mem=128M
Y2_BRAILLE

テキストモードユーザインターフェイスのスタイルを設定し、 'ブライユ (braille)' モードに設定します。この設定は視覚に障害のある方への最適化オプションです。 'textmode=1' と共にご利用ください。

 例:
 Y2_BRAILLE=1
Y2DEBUG

全ての YaST デバッグメッセージを有効にします。これらのメッセージは <0> のマークが付けられて /var/log/YaST2/y2log ファイルに記録されます。このパラメータは YaST 自身で処理され、 YaST モジュールを起動する際のコマンドラインに追加することもできます。

TERM

テキストモードでインストールを行なう際の色スタイルを設定します。 たとえば TERM=xterm を設定するとテーマを xterm に設定します。 色に対応していないものを指定すると、モノクロ (白黒) のテーマが使用されます。 設定しない場合は、既定の linux が適用されます。なお、 TERM を設定する場合は 正しい terminfo 項目であるかどうか注意して設定してください。正しく指定しないと インストールが中断されます。

利用可能な端末は /yast/instsource/inst-sys/usr/share/terminfo ディレクトリ内に あります - インストール作業用のシステムはインストール済みのシステムとは異なるセットの 端末情報を持っているためです。 モノクロ (白黒) の端末を使用したい場合は、 linux-m を指定してください。

textmode=1 と共に設定してください。

 例:
 TERM=xterm
 TERM=linux-m
ZYPP_FULLLOG

LibZYPP のログレベルを最大値に設定します。製品やパッケージ、更新などの 依存関係問題を解決するのに役立ちます。この値はそれぞれの YaST モジュールを起動する際の パラメータとしても設定できます。

 例:
 ZYPP_FULLLOG=1                           # Linuxrc
 ZYPP_FULLLOG=1 /sbin/yast2 online_update # Running system


正誤表

openSUSE 10.3

  • info=file:/file_name は、 file_name が 'info' である場合に動作しません; 他の名前をお使いください
  • netwait は DHCP には当てはまりません
  • instsys=url はスキームを ftphttp に設定してもネットワークを設定せず、 install はネットワークの URL を参照しません。 netsetup オプションを設定して回避してください。