Home Wiki > ダウンロードに関するヘルプ
Sign up | Login

リリース版から転送)

ダウンロードに関するヘルプ

tagline: 提供: openSUSE


openSUSE のダウンロードについて疑問はありますか? それとも、ダウンロードに関する情報が必要ですか?

ダウンロードする前に

openSUSEをダウンロードする前に、いくつか確認しておくべきことがあります。

システム要件

システム要件を満たしていることをご確認ください。 openSUSE は、ほとんどのPCハードウェアに対応しています。openSUSE を軽快に動作させるには、以下の条件を満たす必要があります。

  • CPU: Intel, AMD 社製のプロセッサ、もしくは互換プロセッサ (x86 または amd64/x64) - Pentium, Atom, Core, Celeron, Athlon, Sempron, Phenom, FX, AMD A シリーズなどが該当します
  • メモリ: 512 MB 以上 (1 GB 以上を推奨)
  • ハードディスク: 少なくとも 3 GB
  • サウンド、グラフィックカード: 大部分のサウンド、グラフィックカードに対応しています。 800x600 ドット以上の解像度が必要です (1024x768 ドット以上を推奨)
  • CD/DVD ドライブ/ USB メモリからのインストールの起動のほか、ネットワーク経由での起動 (PXE はご自分で設定する必要があります。 ネットワークインストール の項目もお読みください) や既存の openSUSE インストールからのアップグレード (CD/DVD を使用しない方法) にも対応しています。

十分なディスク領域があることを確認します

巨大な ISO ファイルをダウンロードする場合、いくつかの点が問題となる場合があります。

  • ライブ CD ISO イメージを 1 枚ダウンロードするのに約 700 MB の領域が必要です。
  • DVD ISO イメージを 1 枚分ダウンロードするのに約 4.3 GB の領域が必要です (脚注 1 を参照)。
Web ブラウザのダウンロード機能を利用してダウンロードするのではなく、ダウンロードマネージャもしくは BitTorrent を利用することをお勧めします。これにより、ダウンロードの接続が切れてしまったような場合でも、その失敗を修復することができます。

下記の表には、接続形態ごとのおおよそのダウンロード時間を示しています:

1 CD ISO (700 MB) 1 DVD ISO (4.7 GB)
56 KBit 接続 28 時間 187 時間
64 KBit (ISDN) 接続 25 時間 164 時間
1024 KBit (ブロードバンド) 1.5 時間 11 時間
2048 KBit (ブロードバンド) 45 分 5.5 時間
8192 KBit (ブロードバンド) 12 分 1.5 時間
24 MBit (ADSL2) 4 分 28 分
100 MBit (光ファイバー) 1 分 7 分

openSUSE のバージョン選択

お使いの環境に合わせて、 openSUSE プロジェクトではダウンロード/インストール/再配布を行なうことのできる 2 つのバージョンを用意しています

  • リリース版 - PC やホームサーバ上で動作させることのできる Linux の安定版です。
  • 開発版 - バグの発見や修正を提供したりして、将来の "リリース版" を改善するために使用する、不安定版です。

ほとんどの場合、リリース版をお使いになるのが良いでしょう。開発版は将来のリリース版をテストしたりしたい場合にのみ使用します。


インストールタイプの選択

ローカルインストール

このインストールタイプでは、 openSUSE のインストール元となる CD/DVD イメージをダウンロードして、そこからインストールを行ないます。この方法の場合、下記のような利点があります。

  • インストールの最中にインターネット接続が必要とならない
  • 複数のコンピュータでイメージを共有できる
  • あとからイメージを再利用することもできる

ただし、下記のような欠点もあります。

  • 実際にデータが必要となる前に、あらかじめ大量のデータをダウンロードしておく必要がある
  • CD や DVD のサイズ制限により、 openSUSE で提供されるパッケージ内の一部しか手に入らない

ローカルインストールの際の手順

  1. ISO イメージをダウンロードします
  2. ブランク CD/DVD にイメージを書き込みます
  3. お使いのシステムを書き込んだ CD/DVD から起動します
  4. openSUSE をインストールします

ネットワークインストール

このインストールタイプでは、起動を行なうためだけの小さなイメージをダウンロードして、 YaST が残りのデータをダウンロードしながら進めます。この方法では、下記のような利点があります。

  • 事前に必要なパッケージ類をダウンロードしておく必要がない
  • ブランク CD が 1 枚だけあれば実施できる
  • インターネット上で公開されているインストール元には、 openSUSE 向けの全パッケージが用意されている

もちろんこの方法にも欠点があります。

  • インストール時にインターネットへの接続が必要
  • サーバ側の負荷状況やインターネットの接続速度によっては、インストールに時間がかかる場合がある
  • ネットワークカードを検出できない場合、インターネットに接続できず、インストールもできない場合がある

ネットワークインストールの際の手順

  1. まずはブート CD イメージをダウンロードします。最新のブート CD は Factory リポジトリ にありますが、こちらを使用する際には Factory をお読みください。
  2. ダウンロードしたブート CD イメージを書き込みます
  3. 書き込んだブート CD から起動します
  4. YaST インストーラに対して、インストール元を指定します (起動時に F3 または F4 を押します)
  5. openSUSE をインストールします

詳しくは ネットワークインストール をお読みください。


アーキテクチャの選択

x86 (i586)

このアーキテクチャでは、下記のプロセッサに対応します:

  • Intel Pentium 1-4, Pentium M, Celeron, 32ビット版 Xeon, Celeron D, Core Solo/Duo
  • AMD K6, Duron, Athlon, Athlon XP, Athlon MP, Sempron

x86-64

このアーキテクチャでは、下記のプロセッサに対応します:

  • AMD Opteron, Athlon 64, Athlon 64 X2, Sempron 64, Turion 64, Phenom
  • Intel Xeon, Xeon MP, Pentium 4 Extreme Edition, Pentium D, Core 2 Duo
  • AMD's AMD64 または Intel's EM64T (AMD64 の Intel 版) をベースにしたプロセッサ
  • AMD64/EM64T に関する詳細 もお読みください

ダウンロードプロトコルの選択

HTTP でのダウンロード

openSUSE のインストールメディアのイメージは、通常のファイルとしてダウンロードすることができます。そのため、現在お使いのブラウザで、ダウンロードページ内のリンクをクリックするだけでダウンロードができます。ただし、このような巨大なイメージをダウンロードする際には、ダウンロードマネージャなどを利用して、ダウンロードしたデータが壊れたりしないようにしておくことをお勧めします。

  • Linux でダウンロードを行なう場合は、コマンドラインツールの wget をお使いになることをお勧めします。 wget-c というパラメータを指定することで、ダウンロードが途中で止まってしまっても再開することができるようになっているためです。ダウンロードが完了していないのに接続が切れてしまったような場合は、 -c を指定しなくても自動的に再接続します。 wget について、詳しくは man wget をお読みください。
  • 古い Linux や Unix システムを利用してダウンロードする場合は、コマンドラインツールの curl をお使いください。たとえば下記のように実行します: curl -C - -O URL 。詳しくは man curl をお読みください。
  • Mac OS や Windows をお使いの場合は、上記のような機能を提供するダウンロードツールをお使いください。

BitTorrent でのダウンロード

BitTorrent はオープンソースの一対一ファイル共有プロトコルで、巨大なソフトウエアやメディアファイルを共有する目的で設計されています。 HTTP と比較すると、クライアント側でデータ破壊を防ぐ仕組みが用意されているほか、 1 つのファイルに対して複数の接続を行なって、ダウンロードを高速化する仕組みも用意されています。またダウンロードの際は、同時に他のダウンロード者に対するアップロードも行なうようになっていて、ダウンロード者が多数いればいるほど、より中央のサーバに負荷を与えることなくファイルを配布できるようになっています。

手順は簡単です。 BitTorrent クライアントをダウンロードしてインストールしたら、あとは起動して *.torrent ファイルを Web ブラウザでクリックするだけです。

  • openSUSE をお使いの場合は、一般的な BitTorrent クライアントか KTorrent クライアントをお使いになることをお勧めします。軽量のコマンドライン型クライアントとしては、 aria2 (Build Service パッケージは こちら にあります) でもかまいません。
  • Windows をお使いの場合は、 Vuze という有名なクライアントがあります (ただし Java JRE をインストールする必要があります) 。また、軽量な ?Torrent や、オリジナルの BitTorrent クライアントもあります。

上記以外の BitTorrent クライアントもいくつかのプラットフォーム向けに用意されています。その他の BitTorrent クライアントについては、 公式の BitTorrent Web ページ (英語) をお読みください。また、お使いになる際はクライアントに添付された文書をよく読んで、正しい手順で実施してください。

メタリンクでのダウンロード

メタリンク は XML 形式のファイルで、ダウンロードマネージャが使用するファイルです。このファイルにはファイルのミラーサイトや P2P の場所などが記されているほか、チェックサムも含まれています。メタリンクのクライアントはダウンロードの再開や複数のソースからのダウンロード (ミラーサイトや P2P の両方) などの機能があり、チェックサムの自動検証や自動的なエラー回復 (使用するクライアントに依存します) なども行なうことができます。これにより、ダウンロードを安全かつ確実、しかも高速に行なうことができます。

メタリンクは openSUSE ダウンロードリダイレクタ が提供しています。すべての ISO イメージに対するメタリンクは、下記をご覧ください。 http://download.opensuse.org/distribution/openSUSE-current/iso/.

詳しい使い方や情報については、 メタリンク をお読みください。

FTP でのダウンロード

openSUSE をダウンロードされる際は、 ダウンロード ページをお使いください。この章は、高度な知識のあるユーザに向けた項目です。

まずはお使いの環境に最も近いミラーサイトを選択します。あらかじめミラーサイトに必要なバージョンおよびメディアの製品が存在していることをご確認ください。

Windows の FTP クライアントをお使いの場合、 2GB より大きなサイズのファイルに対応していない場合があります。また、 DVD ISO イメージを Windows マシンでダウンロードする際は、ファイルシステムに NTFS を利用していることもご確認ください。たとえば ncftp であれば、 2GB より大きなサイズにも対応しています。

ISO イメージの URL は、たとえば ftp://ftp.example.org/pub/opensuse/distribution/<バージョン>/iso/<名前>.iso のようになっています。ダウンロードはブラウザで行なう、下記のようなコマンドで実施してください:

cd <ISO イメージをダウンロードするディレクトリ>
wget ftp://ftp.example.org/pub/opensuse/distribution/<バージョン>/iso/<名前>.iso

何らかの理由でダウンロードが止まってしまった場合は、 wget のパラメータに -c をつけることで、ダウンロードを続きから行なうことができます:

wget -c ftp://ftp.example.org/pub/opensuse/distribution/<release>/iso/<名前>.iso

ダウンロードが完了すると、 <ISO イメージをダウンロードするディレクトリ> 内に <名前>.iso というファイルが出来上がります。


チェックサム

CD/DVD イメージからメディアを作成する前に、それらのイメージファイルに間違いがないかどうかご確認ください。確認には *.iso.md5 または *.iso.sha1 ファイルのいずれかを使用します。これらのファイルには、ダウンロード場所に置いてあるそれぞれの ISO イメージに対して、ハッシュ (チェックサム) と呼ばれる値が記されています。たとえば以下のようになっています。

8abac6680ecc152f103006b02f9ff67f  some.iso

ダウンロード時に問題が発生していないことを確認するには、 MD5 または SHA1 の各アルゴリズムを利用してダウンロードした ISO ファイルのハッシュ値を作成し、上記のような値と一致しているかどうか確かめる必要があります。

Linux の場合

全てのチェックサムを自動で確認するには、以下のように実行してください:

md5sum -c <名前>.iso.md5
sha1sum -c <名前>.iso.sha1

"OK" と表示されない場合は、チェックサムが誤っていることを示しています。これはダウンロード時に何らかの問題があってファイルが壊れてしまっているため、 #ダウンロードの修復 に示す手順で修復する必要があることを示しています。

.asc に書かれた電子署名を検証するには、まず下記のコマンドでプロジェクトの公開鍵を取り込む必要があります:

 gpg --recv-keys 3DBDC284
 gpg --fingerprint "openSUSE Project Signing Key <opensuse@opensuse.org>"

上記を実行すれば、下記のようにして検証を実施することができます:

 gpg -a <some>.iso.asc 

下記のように出力されれば成功です:

 gpg: 2012/08/30 12:02:40 CESTにRSA鍵ID 3DBDC284で施された署名
 gpg: "openSUSE Project Signing Key <opensuse@opensuse.org>" からの正しい署名
 gpg: 警告: この鍵は信用できる署名で証明されていません!
 gpg:       この署名が所有者のものかどうかの検証手段がありません。
 主鍵の指紋: 22C0 7BA5 3417 8CD0 2EFE  22AA B88B 2FD4 3DBD C284

"主鍵の指紋" は下記の値でなければなりません:

22C0 7BA5 3417 8CD0 2EFE 22AA B88B 2FD4 3DBD C284

表示される警告メッセージについて、詳しくは GPG のドキュメンテーションをお読みください。上記の警告メッセージは無視してかまいませんが、あなた自身がこの鍵を信用する設定にしていないことを示しています。

Microsoft Windows の場合

Microsoft Windows にはチェックサムを計算するためのプログラムは含まれていませんが、 md5sum/sha1sum をチェックする目的で作られたアプリケーションがあります:

  • md5deep (フリー) 複数のオペレーティングシステムに対応
  • QuickPar (free) md5 チェックサムのみに対応

上記以外にも多くのツールがありますが、すべてのツールが正しい値を算出するとは限らないのが現状です。たとえば 2011 年には、 "MD5 Checker 2.31 from TSoft" が正しい値を計算できず、エラーとして扱われてしまっていた問題 (このスレッド の #24 の投稿) がありました。



ダウンロードの修復

Linux をお使いの場合は、 rsync と呼ばれるコマンドを利用することで壊れた ISO ファイルのダウンロードを修復することができます。この作業を行なうには、このプロトコルに対応したミラーサイトを ミラーリスト から探して、下記のコマンドを入力してください:

rsync rsync://<ミラーサイトの URL>/<opensuseのディレクトリ>/ 

上記を実行すると、サーバ内のディレクトリが表示されます。コマンドにサブディレクトリの名前を追加することで、ミラーサイトのどこに ISO ファイルがあるのかを確認することができます。確認ののち、下記を実行してください。

touch <ダウンロードした ISO ファイルの場所 (パス)>
rsync -avP rsync://<ミラーサイトの URL>/<ミラーサイト内の ISO ファイルの場所 (パス)> <ダウンロードした ISO ファイルの場所 (パス)>

上記を実行するとファイルの修復が行なわれ、修復に必要なデータだけをダウンロードします。 rsync について詳しい情報は、マニュアルページをご覧ください。下記のコマンドをシェル内で入力すると表示することができます:

man rsync

下記は openSUSE-11.2-DVD-i586.iso をメタリンク経由でダウンロードしていて、どこか (おそらくは最後のほう) でエラーが発生した場合の例です。 rsync を下記のように利用して、壊れた箇所をダウンロードします:

cd /directory/ofthe/iso
rsync -avP rsync://mirrors.kernel.org/opensuse/distribution/11.2/iso/openSUSE-11.2-DVD-i586.iso .

注意: コマンドラインの最後にドット (".") が書かれていることに注意してください。これにより同じファイルの同じディレクトリに ISO を継続ダウンロードする意味になります。

メタリンクを経由してダウンロードしたとき,ダウンロードした ISO のサイズがバイト単位で同じでも チェックサムが一致しない場合がある。この場合 rsync -avP は役に立たないので下記のように -avc オプションを実行することで解決できる。

cd /directory/ofthe/iso
rsync -avc rsync://ftp.roedu.net/mirrors/opensuse.org/distribution/11.2/iso/openSUSE-11.2-DVD-i586.iso .

注意:チェックサムが有効な rsync サーバを選択する必要がある。そして サーバがチェックサムを計算する数分間待っていなければならない。

CD イメージを書き込む


Linux での書き込み

ISO イメージのダウンロードに成功したら、空きの CD または DVD に対して ISO ファイルの書き込みを行ないます。 openSUSE をご利用のシステムが既にある場合は、 K3BBrasero プログラムをご利用いただけます。 CD または DVD イメージを書き込んだり、 ISO9660 ファイルシステムを書き込んだりするためのオプションを選択してください。 ISO イメージの書き込みは、ファイルそのものの書き込みとは異なることに注意してください。

たとえば下記のコマンドラインを入力すると、プログラム cdrecord を利用して書き込むことができます。

cdrecord dev=/dev/cdrecorder speed=44 driveropts=burnproof -eject -v (isoファイル)

Microsoft Windows での書き込み

Windows XP の場合、サードパーティのソフトウエア無しでは ISO イメージの書き込みを行なうことができません。非公式ですが、 ISO Recorder PowerToy というソフトウエアを利用することで Windows XP にこの機能を追加することができます。その他の Microsoft Windows のバージョンをお使いの場合は、 ISO イメージを書き込むための各種サードパーティ製ソフトウエアがありますので、それぞれそれらをご利用ください。 Microsoft Windows 向けの書き込みプログラムは、ドライブと共に提供されているのが一般的です - サーチエンジンなどで探してみてください。オープンソースソフトウエアをご希望の場合は InfraRecorder というソフトウエアがありますし、フリーソフトウエアとしては Cd Burner XP などがあります。なお、 ISO イメージの書き込みの際は、 "トラックアットワンス (track-at-once)" ではなく、 "ディスクアットワンス (disk-at-once)" を選択してください。ソフトウエアによっては (たとえば Nero) "トラックアットワンス (track-at-once)" が既定値になっています。

MacOS X 10.3 またはそれ以降での書き込み

Finder から「移動 (Go)」→「ユーティリティ」を選択してください。ユーティリティフォルダを開くことができたら、そこからディスクユーティリティを開いてください。その後、開いたウインドウ内の左側サイドバーに、ダウンロードした ISO イメージをドラッグしドロップしてください。あとはドロップしたイメージを選択して、 "ディスクを作成" アイコンを押して、 CD/DVD を挿入してください。より詳しい情報については、 Apple 社サポートページ をご覧ください。


Delta ISOを適用する

Delta ISO は以前の ISO をお持ちの場合に利用するファイルで、 ISO 全体をダウンロードする代わりに差分の小さなファイルをダウンロードする仕組みです。これは主に openSUSE の開発版をテストする方々向けの機能です。 deltaiso は http://download.opensuse.org/distribution/openSUSE-current/delta/ からご利用いただけます。ここには、それぞれ古い ISO と新しい ISO の差分が提供されています。 deltaiso を古い ISO ファイルに適用することで、新しい ISO を作成することができます。

プログラム applydeltaiso の実行には長い時間がかかります。 1 枚の CD あたり 30 分以上かかるようなシステムの場合は、 ISO イメージ全体をダウンロードしたほうが手っ取り早いでしょう。

Linux での適用

この機能を利用するには deltarpm パッケージが必要 (ただしデフォルトでインストールされています) です。 applydeltaiso の文法は下記のとおりです:

applydeltaiso (古いほうの (既に存在する) ISO ファイル) (deltaiso ファイル) (新しいほうの (作成する) ISOファイル)

例:

applydeltaiso openSUSE-11.2-RC2-KDE4-LiveCD-i686.iso openSUSE-11.2-RC2_GM-KDE4-LiveCD-i686.delta.iso openSUSE-11.2-KDE4-LiveCD-i686.iso

以前のマイルストーンの ISO ファイルを消してしまった場合であっても問題はありません。 applydeltaiso は、お使いの CD-ROM ドライブ内にある CD に対しても動作します。たとえば openSUSE-11.1-RC1-KDE4-LiveCD-i686.iso をお使いの CD-ROM ドライブ (/dev/hdc) に入れている場合、下記のようなコマンドを入力してください:

applydeltaiso /dev/hdc openSUSE-11.2-RC2_GM-KDE4-LiveCD-i686.delta.iso openSUSE-11.2-KDE4-LiveCD-i686.iso

最後に チェックサム に示された方法で作成されたファイルをご確認ください。 deltaiso の適用作業には、全ての ISO イメージを展開する必要があるため、しばらくの時間とディスク容量が必要です。


Microsoft Windows の Applydeltaiso

Microsoft Windows には deltaiso を適用するためのプログラムはありません。


ダウンロードのトラブルシューティング

ISO イメージのような大容量ファイルのダウンロードは、時として失敗したりして困難なことがあります。よくある問題を回避する方法をここにあげておきます:

  • FAT32 ファイルシステムをご利用の場合、ディスク容量が足りていても 'ディスク容量が足りない' というエラーが発生する場合があります。 FAT32 の場合、ファイルサイズの制限として 2GB が最大となるため、 DVD ISO (4.3GB) ではその最大値を超えてしまうためです。これを解決するには、 CD ISO をダウンロードするか、他のドライブにダウンロードしてください。
  • FTP の代わりにメタリンクや BitTorrent をお使いください。 FTP ダウンロードよりもより高速なダウンロードを実現できるばかりか、データが正しく転送されたかどうかを確認する機能も備えています。
  • 中断・再開機能のあるダウンロードマネージャや FTP クライアントのご使用を強くお勧めします。何らかのダウンロード問題が発生すると再開機能が働いて、最初からダウンロードしなおすことなく途中からダウンロードを継続することができるためです。多くのダウンロードマネージャでは、お勧め機能であるチェックサム検証の機能も備えています。各種要件に合わせたダウンロードマネージャを見つけるには、 ダウンロードマネージャ から探してみてください。
  • プロキシサーバによっては、 FTP アクセスを許可していない場合もあります。プロキシサーバをお使いの場合は、 HTTP ミラーサイトからダウンロードしてください。
  • DVD ISO をダウンロードする場合、お使いのプロキシサーバとダウンロードクライアントが 2GB 以上のファイルに対応しているかどうかをご確認ください。 2GB 前後でダウンロードが止まってしまう場合、多くは 2GB 以上に対応していないものと思われます。 Linux をお使いの場合は Konqueror (KDE ブラウザ), curl, lftp (lukemftp) をお使いください。 MacOS の場合は Safari と既定の ftp クライアントで問題なく動作します。 Windows をお使いの場合は、 FileZilla をお試しになるのがよいでしょう。



参照