Home Wiki > リリース版
Sign up | Login

リリース版

tagline: 提供: openSUSE


< ダウンロード | リリース版 - 開発版 - パッケージリポジトリ - ダウンロードに関するヘルプ - インストールに関するヘルプ


最新のリリース版はGet Software (software.opensuse.org)からダウンロードすることをお奨めします。

インストールタイプを選択

ローカルインストール

このインストール方法を選ぶと、openSUSEのインストールソース(インストールデータ)を含むCDまたはDVDイメージをダウンロードしてローカルコンピュータに保存し、それを利用してインストールします。この方法には以下の長所があります。

  • インストール時にインターネット接続を必要としない
  • 異なるコンピュータ間でインストールデータを共有できる
  • インストールデータをあとから再利用できる

ただし、以下のような問題点もあります。

  • 今必要なインストールデータ以外もダウンロードされる
  • CDまたはDVDの容量のため、全てのopenSUSE用パッケージのサブセットしか得られない。

ローカルインストールの方法

  1. イメージをダウンロードする。
  2. ISO イメージを CD / DVDに焼く。
  3. CDの1枚目かDVDからインストーラを起動する
  4. openSUSE Linuxをインストールする

インターネット経由でのインストール

インストールを開始するためだけの起動イメージをダウンロードします。起動後はYaSTインストーラに従います。これは以下の点でよい方法です。

  • インストールに必要なデータだけがダウンロードされる
  • 作成するCDは1枚のみ
  • インターネット経由なので、全てのopenSUSE Linux用パッケージが利用できる

無論、これにも問題点はあります。

  • インストールの間、インターネット接続を保持する必要がある
  • サーバの転送速度やインターネット接続のスピードが遅い場合は実用的でないほど遅い場合もある
  • ネットワークカードが認識されない場合、インターネットに接続できない可能性がある

インターネット経由でのインストールの作業の流れ

  1. 以下の表から起動用のCDイメージをダウンロードする。
  2. 起動用CDイメージを焼く。
  3. 焼いたCDでコンピュータを起動する。
  4. YaST インストーラにインストール元を指定する (起動の最初に出る処理の選択画面でF3キーを押し、次にF4キーを押す)
  5. openSUSE Linuxをインストールする。

Learn more about installing openSUSE from internet

Learn more about installing openSUSE from local network

Learn more about how to install openSUSE


アーキテクチャを選択

x86 (i586)

以下のプロセッサをサポートするアーキテクチャです。

  • Intel Pentium 1-4, Pentium M, Celeron, 32bit Xeon, Celeron D, Core Solo/Duo
  • AMD K6, Duron, Athlon, Athlon XP, Athlon MP, Sempron

x86-64

以下のプロセッサをサポートするアーキテクチャです。

  • AMD Opteron, Athlon 64, AMD Athlon 64 X2, Sempron 64, Turion 64
  • Intel Xeon, Xeon MP, Pentium 4 Extreme Edition, Pentium D, Core 2 Duo
  • Processors based on AMD's AMD64 & Intel's EM64T (Intel's implementation of AMD64)
  • AMD64/EM64Tに関する情報

ダウンロード方法を選択

HTTP

CD版、DVD版どちらでも、ブラウザまたはダウンロードツールで入手できます。

  • CD版: もしLinux上でダウンロードするなら、wget(またはcurl)というコマンドラインツールを使うのがお勧めです。wgetは、中断後に、-cパラメータを加えることによって、ダウンロードを続行できます。例え、-cが無くても、一時的な切断の後には自動的に再接続が行われます。詳しくは、man wgetを参照して下さい。
  • DVD版: wget1.9.xには問題があり、ダウンロードできるファイルサイズに2GBの制限がありますが、SuSE 10.0以降のwget 1.10では修正されています。もし、古いLinuxやUnixでダウンロードするなら、コマンドラインツールcurlの使用をお勧めします。次のようにして使います: curl -C - -O URL. 詳しくは、man curlを参照して下さい。
    • Debian 3.1では、この方法は使えず、次のようにしなければいけません。
      curl -v [url]
      とし、次に、二つ目のURLを指定します。
      curl [url2] -o openSUSE-10.3-GM-DVD-i386.iso
    • Suse 10.1のcurl 7.15では、次のようにします。
      curl -L -C - -O <URL>
      (The -L meaning follow Location: headers.)

WindowsやMacOSを使っているなら、上記の条件を満たしたお好みのダウンロードツールを使うこともできます。

BitTorrent

BitTorrent は大容量のソフトウェアやメディアデータを共有するためのオープンソースアプリケーションです。単にHTTPを用いるより優れている点は、一時的に同じファイルに複数のダウンロード要求が発生しているとき、イメージをダウンロードしているピア同士でもデータを送信できるため、大量のアクセス要求が発生してもダウンロード負荷があまり増えないのです。 BitTorrentのクライアントソフトはいろいろなプラットフォーム用のものがあります。BitTorrent公式サイトにこれらクライアントへのリンクが示されています。

SUSE LinuxでBitTorrentを用いるなら、オススメはBitTorrent純正クライアントあるいはktorrentです。これらは openSUSE �?�tools セクションから入手できます。 ktorrent をインストールすれば、KonquerorでBitTorrentリンクをクリックするだけでBitTorrentによるダウンロードが開始されます。

Windows用の有名なクライアントにはAzureusや、軽量なµTorrent 、BitTorrent の純正クライアントBitTorrent 4.0.4の3つがあります。。 Azureus が動かない場合はJava JREがインストールされているかどうか確認してください。 Azureusのより詳細な情報は Azureusのホームページを参照してください。記録ではAzureus使用者の割合は 7/11 にのぼります。これをダウンロードしてインストールすれば、ブラウザ上の.torrent 拡張子のあるファイルへのダウンロードリンクをクリックするだけでBitTorrentによるダウンロードが開始されます。 ダウンロード方法の詳細についてはそれぞれ使っているダウンロードクライアントの文書を参照してください。

メタリンク

メタリンクは、ダウンロードマネージャーが使用する、整合性情報(チェックサム)を含むファイルのミラーやP2Pの場所に関するXMLフォーマットです。メタリンクのクライアントソフトは、ダウンロードの再開、複数(ミラーとP2Pの両方)の情報源からのダウンロードを同時に行い、自動的にファイルの整合性を確認します。従って、メタリンクを利用する事によって、非常に早いダウンロードが行えます。

aria2(Guruパッケージは、こちらから)は、推奨されているUnixコマンドラインクライアントで、一方、wxDownload Fast(全てのプラットフォーム)は、GUIを備えています。Speed Downloadは、Mac OSで利用できますし、Orbit Downloaderと、GetRightは、Windowsで使えます。こちらから、Mac OS、Windows、Unix用の他のクライアントソフトが手に入ります。

全てのISOのメタリンクは、http://download.packages.ro/metalink/opensuse/ にあります。

メタリンクの使い方とより詳しい情報についてはこちらを見て下さい。

FTP

openSUSEは、公式ダウンロードサイトからの入手が推奨されています。この項目は、主に上級利用者に向けて書かれています。

まず、お近くのミラーサイトを選択して下さい。ミラーサイトが、あなたが探しているバージョンのソフトウェアを提供している事を確認して下さい。

警告 全てのWindowsのFTPクライアントソフトが2GB以上のファイルをダウンロードできるとは限りません。DVD ISOイメージをWindowsマシンにダウンロードするためには、ファイルシステムがNTFSである事を確認して下さい。このサイズのファイルを扱えるFTPクライアントには、例えば、ncftp(英語)があります((訳注)日本語ソフトとしては、FFFTP等があります)。

ISOファイルの場所を、例えば、ftp://ftp.example.org/pub/opensuse/distribution/<release>/iso/<some>.isoのように見付けたら、ブラウザを使うか、以下のコマンドで入手できます。

cd <対象ディレクトリ>
wget ftp://ftp.example.org/pub/opensuse/distribution/<release>/iso/<some>.iso

中断した場合は、-cパラメータをwgetに追加する事でダウンロードを再開できます。

wget -c ftp://ftp.example.org/pub/opensuse/distribution/<release>/iso/<some>.iso

ダウンロードが終了すると、<対象ディレクトリ>にある、<some>.isoと名前が付いたファイルがあります。


ダウンロード

インストールする前にお読み下さい。Most Annoying Bugs(英語)を読むことをお勧めします。

openSUSE 11.2 インストールメディア
アーキテクチャ プロトコル ライブCD1 DVD2
i586 HTTP

 KDE4

 GNOME

Torrent

 KDE4

 GNOME

x86_64 HTTP

 KDE4

 GNOME

Torrent

 KDE4

 GNOME

  • 1CD版は、標準のKDE4もしくはGNOMEを収録しています。ただし収録されている言語は,英語,ドイツ語,スペイン語, フランス語,イタリア語,ポーランド語,ロシア語に限られます。
  • 2DVD版は、非オープンソースソフトウェアを除く、更に多くのパッケージを収録しています。次の言語が利用可能です:英語、ポルトガル語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、中国語(簡体字及び繁体字)、日本語、ロシア語、チェコ語、ハンガリー語、ポーランド語、フィンランド語、デンマーク語、スウェーデン語、オランダ語。


openSUSE 11.2 追加メディア
アーキテクチャ プロトコル 言語追加CD1
i586 HTTP
Torrents
x86_64 HTTP
Torrents
整合性情報(Checksums) *.md5 files

1言語追加CDは、上記以外の各国語で使用するための言語パッケージを収録しています。DVD版と共にのみ使用します。


openSUSE 11.2 ネットインストール用メディア1
アーキテクチャ プロトコル ネットインストール用メディア
i586 HTTP
x86_64 HTTP
整合性情報(Checksums) *.md5 files

1ネットインストール用 ISO メディアは、インストールのために高速回線を必要とします。


openSUSE 11.2 インストールリポジトリ
アーキテクチャ プロトコル
全て Installation Repository
全て Non-Oss Addon Installation Repository1
全て Sources
全て Non-Oss Addon Sources
全て Debug Packages

1非OSS追加リポジトリは、非公開ソースまたはOSI非準拠ライセンスのパッケージを収録しています。


追加情報

さらに詳しい情報が必要ならダウンロードに関するヘルプインストールに関するヘルプを参照してください。


その他の情報